Entries

スポンサーサイト

■緑の羽根に神社のお札……回覧板の中の「一つずつ取ってください」アイテムは、律儀に取らなくても問題なし!

前回の記事「神社のお札はお焚き上げや返納ですっきり処分!」を書くきっかけになったSNSのタイムラインで、同時に話題になったのが、自治会の回覧板の中に入っている「一つずつ取ってください」と添え書きのあるアイテム。神社のお札、赤い羽根、緑の羽根、各種プリント、パンフレットなど、いろいろなものがそうやって回ってくることがあります。あれは、欲しくなければ取らなくてもまったく問題ありません。回覧板を回している...

■家にあるけど、本当は要らないと思っている10のもの

タイトルの通り、「家にあるけど、本当は要らないと思っているもの」について考えてみました。■炊飯器今使っている炊飯器(購入12年目)が使える間は使うつもりです。(最近、内がまのコーティングがだいぶ剥げてきていますが^^;)それが壊れたら、手持ちの鍋で米を炊くようにしたいのですが、夫がなんと言うか……。夫も台所に立つので、鍋で炊くのは嫌だと抵抗されるかもしれません。そうしたら、「とりあえず1週間でも2週間でも、鍋...

■その洋服、消耗しつくすまで着る覚悟はありますか

先日、近所のスーパーにある古着回収ボックスに入れるための洋服をまとめて、車に積みました。夫の服がメインで、スーパーのレジ袋に2つ。その作業中に、ふと、「私は、洋服を買う時に、どれくらいの期間、その服を着るつもりか 果たして意識しているだろうか?」と思いました。例えば、たまにしか着ない綿のボタンシャツって、なかなかヘタらない。軽く10年以上、着られます。アイテムの種類や素材、着用頻度によって寿命は違い...

■片付けの「凝り」をほぐす■

今日も今日とて、いろいろ捨てました!詳細レポートは明日にして、今回は考えたことなどを。断捨離をしていると、自分の片付けに「凝りのツボ」があることに気づきます。「凝り」は、血行が滞っていて、悪いものが溜まっているイメージ。「ああ、これには手をつけたくないなぁ」「これの片付けは後回しにしたいなぁ」と思うものがあるのです。それを整理することを、自分の中の何かが強烈に拒否する感覚。「億劫」をさらに強くした...

■頼んでもいないのにポスティングされるチラシは資源ゴミと心得る。■

先日、テレビで、新宿・歌舞伎町に流れるぼったくり被害防止のアナウンスを取り上げていました。皇帝ウィンドブラストX と名乗る謎の人物がフハハハハハハハハ!歌舞伎町を楽しむ善良なる諸君。貴公は知っておるか?客引きが全員ぼったくりであるということを。3倍どころではない。あえて言おう。やつらはカスであると。200パーセント! 200パーセントぼったくりだ!ぼったくりの客引き、やらせはせんぞ!と呼びかけるのです。そ...

旅の片づけ

この夏は「自分にとって旅とは何か」ということをよく考えました。年齢や環境によってもその答えは違ってくると思います。今の私にとって、旅とは、見知らぬ土地へ行ってそこの風物を鑑賞したり味わったりすることよりも、友達と、日常では不可能な時間や空間の共有をすること、子ども達にそのような体験をさせること、であるようです。今年の夏、我が家には家族旅行というものはありませんでした。(というか、普段から家族旅行ら...

完璧なリセット

久しぶりの更新です。2か月以上もご無沙汰してしまいました。ブログはお休みしていましたが、片づけは毎日しています(当たり前ですが……)。お盆の前からずっと旅行や帰省などのイベントが続いていたのと、その途中で体調を崩してしまったのとで、家の中がだいぶ荒れてしまいました。普段ならパッと片づけられる物でも、呼吸するたびに苦しくなる肺と、常時ギリギリ痛む腹を抱えてではさすがに放置気味になりました。ここ1〜2日で...

片付けに縛られないために片付ける

本格的に片付けを始めてから2年3ヶ月が経ちました。まだまだ至らない点はたくさんあるのですが、それでも、最近、 「片付いている家」に助けられている と実感する事が多くなりました。例えば、・朝、外出して、昼に食事をするために帰ってきた時、 「ああ、部屋がきれいだな」とふと思う。(気持ちよく休憩することができる)・急な来客でも躊躇なく部屋に上がってもらうことができる。・学校の家庭訪問の時、特別な片づけが不要...

大量の子供服の仕分け手順

近々、友人の家の子供服の整理を手伝う予定です。お下がりがかなりたくさんあるそうなので、作業手順をスムーズに先方と共有できるよう、レジュメを作りました。同性のきょうだい2名(3歳差)の場合について具体的に説明してあります。大量の子供服の整理に困っている方、よろしければ参考にどうぞ。大まかな流れは以下の通りです。整理したいすべての服を要・不要で分ける(1次仕分け)  ↓上の子の服を、着る時期別・アイテム別...

あな吉手帳術講座~情報と物の整理の共通点

皆さんは『あな吉手帳術』なるものをご存知でしょうか?あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 カラー実践版価格:1296円(税込、送料別) (2016/8/22時点)あな吉さんの人生が輝く!主婦のための手帳術 がんばらなくても続けられる[本/雑誌] (手帳) / 浅倉ユキ/〔著〕価格:1404円(税込、送料別) (2016/8/22時点)いろいろな方のお片付けブログ・シンプルライフブログで話題になっていた『あな吉手帳術』。A5のバインダーに、大...

片付けの始まりは「客観視」から

私は、私用や片付けのお手伝いのためたびたび、いろいろなお宅にお邪魔することがあります。そこで思うのは「どんな家でも、1~2時間滞在すると慣れてしまう」ということです。初めてお邪魔するお宅では、お部屋のインテリアや雰囲気など、すべてが新鮮で、ついきょろきょろと周囲を見回してしまいます。多かれ少なかれ誰でもそうではないでしょうか。人間も動物なので、自分が今どんなところにいるのか、確認する習性があるのだと...

片付け上手は、時間の使い方上手

「日常的にきれいな家」を目指して片付け(&当ブログ)を始め、2年と1ヶ月が過ぎました。その目標について、「2年間でここまでできるようになった!」と思う一方、「2年間かけてこれだけしかできるようになっていない!」とも思います。言葉を変えると、日々、常にというほど、頭の中には片付けのことがあるのですが、その割に、家の中は汚い気がする……ということです。要するに、頭で考える方が優先で、それに行動が伴っていない...

「子供部屋予定地」を活用せよ

片づけが特に苦手という人の家の共通点として(一戸建の場合) 2階、特に「子供部屋予定地」が活用されていないということがあります。 将来、子供たちが大きくなったら、ここは子供部屋に…… というプランはあっても、今この瞬間、その部屋をいかに使いこなし 家全体をフル活用するか、ということを考えていないと、 その部屋はただの空き部屋になってしまいます。 空き部屋にしているだけなら問題はありませんが、やはりそうはな...

古タオル(→ウエス)活用のコツ

前回のエコバッグに引き続き、「捨てるに捨てられないモノ」「ついつい溜めてしまうモノ」の活用・第二弾は古タオルがテーマです。古タオルを捨てられないという人は多いようです。「ウエスにしてリサイクルしようと思いつつ、面倒で、でも捨てられなくて……」とのこと。そういう方の理由はほぼ共通しており、以下の2点です。「(古タオルをウエスにするために)切るのが面倒」「切ると粉(細かい繊維くず)が出るのでイヤ」この感...

エコバッグ、必要以上にためていませんか?

いろいろなお宅で片付けのお手伝いをしていて思うのは「捨てるに捨てられないモノ」「ついつい溜めてしまうモノ」はだいたい皆さん同じなんだな、ということです。たとえば……・無料で手に入れたバッグ(エコバッグ、不織布バッグ、販促品・景品のトートバッグや保冷バッグ)・子供のぬいぐるみ(特に大きなもの)・気に入っていない普段使いの食器(たいていは結婚時に実家や親戚から譲り受けたもの)・使い古しのタオル(ウエスや...

片付けられるようになりたい人のための「片付け本のかしこい読み方」

書店に行くとたくさんの片付け本や雑誌が並んでいますね。それだけ需要があるのだと思います。どうせそういう本を読むなら、かしこい読み方をしたいものです。そのコツは、この一言に尽きます。「本を読んだだけで片付けた気になるな」痩せられない人に限って大量のダイエット本を持っていたりしますが片付け本も同じです。ダイエット本を読んだだけでは痩せられないのと同じように片付け本も、読んだだけでは片付きません。とはい...

吉田太一さん講演会(遺品整理会社「キーパーズ」代表取締役)

だいぶ前の話になりますが、2011年7月27日、吉田太一さんの講演会に行きました。吉田さんは、日本で初めて設立された遺品整理専門会社「キーパーズ」の社長さんです。2011年11月に公開された、さだまさし原作の映画『アントキノイノチ』の中で、岡田将生・榮倉奈々が演じる主人公たちは、遺品整理会社「クーパーズ」に勤めるアルバイターという設定であり、この「クーパーズ」は、「キーパーズ」がモデルになっているそうです。(...

子供のお下がり服の管理のコツ

お下がりの子供服は、片付けの苦手な人にとっては、管理の難しいものの一つではないかと思います。要因は以下の通りです。1.一度に大量に家の中に入ってくる2.必要なものと不要なものが混ざっている3.今すぐ着られないもの(次シーズン~数年先に必要になるもの)ものも混ざっているつまり、お下がりの仕分けや管理は量的にも質的にも難しいのです。極端な話、物の管理が特に苦手な人は、お下がりは一切もらわない方が良いかもしれ...

「全国友の会・家事家計講習会」のお知らせ――シンプルで豊かな生活を目指す方へ

家事をもっとシンプルに、合理的にしたい!家計を把握して、しっかりとした生活設計をしたい!衣食住を充実させて、心豊かに暮らしたいっっっ!という主婦の皆様にぜひおすすめしたいのが、「全国友の会」の「家事家計講習会」です。片付け上手になるコツは、とにかく、物を持ちすぎないこと。家の中も、自分の行動や考え方も、シンプルにすること。家事家計講習会では、家計簿をつけることによって各家庭のモノや食品の適正量を把...

片付け参考図書(3) シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア―すっきりが「持続」します

シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア―すっきりが「持続」します 婦人之友社の出している家事本は合理的に・シンプルにと、家事を極めた先人の知恵がぎっしり詰まっていてどれも質が高いです。誤解を恐れずに言うと、ほとんどマニアックな域まで達しています。この本にも、家まるまる一軒分の持ち物リスト(!)など他の片付け本にはまずないであろう、コアな記事があります。また、全国の「友の会」(『婦人之友』愛読者団...

片付け参考図書(2) 辰巳渚の「捨てる!」生活―家まるごと2日でスッキリ!!

辰巳渚の「捨てる!」生活―家まるごと2日でスッキリ!!辰巳渚 著辰巳渚さんの片付け本と言えば、『「捨てる!」技術』が有名ですが、こちらの『「捨てる!」生活』もおすすめです。(ちなみに『技術』は、以前、当ブログの読者の方から頂きました。感謝! m(_ _)m )この本は、写真や絵が満載で、雑誌を眺めるように気軽に読めます。「不要品カタログ」とでも言いましょうか……「家のこんな場所にこんなガラクタありませんか?」と...

片付け参考図書(1) ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門カレン・キングストン著片付け本といえばこれ! 基本中の基本とも言える有名な一冊です。私の片付け修行は、この本を読んだことから始まりました。……と言いたいところですが、正確には、「この本の内容を実践していた、あるブログ」を読んだことから始まりました。もう10年ほど前のことですが、ある駆け出しの 片付け&インテリアコーディネーターさんがブログを書いていました。そ...

友達の家の片付けを手伝う

最近、ちょこちょこと友達の家の片付けをお手伝いしています。家の中の収納のほとんどについて、何がどのように入っているか教えてもらい、どこに何をしまえばよいか、ごく大まかな見通しを立てた上で、これまでに3回片付けました。所要時間は、1回につき1時間~1時間半ほど。1回目はクローゼット内部の棚。2回目は階段下収納。3回目は文房具などが入っている引き出し。こうしてよそのお宅の片付けをお手伝いするのは、これが初め...

「整理収納アドバイザー」に、なる? ならない?

先月、整理収納アドバイザー2級の資格を取った後、将来的に、自分は果たして「整理収納アドバイザー」という仕事をしたいのかどうか?ということで悩みました、というか、すぐには答えが出せそうになく、気持ちがもやもやしました。でも、ライフオーガナイザーのオオノミエコさんのブログにお邪魔して「ライフオーガナイザーを選んだ理由」という記事を拝見した時、はっきりと分かりました。私が、他の人の片付けをお手伝いするこ...

12月~2月の進捗状況まとめ

■12月この月に、友達と「整理収納アドバイザー2級を一緒に取ろう」という話をしました。そして2ヵ月後、実際に資格を取得します。また、その友達も含めたメンバーで、パーソナルカラーの簡易診断に行きとても楽しかったです。今後の自分のクローゼットを考える上でかなり参考になりました。■1月この月の大きな片付けは、冷蔵庫の野菜室の整理です。アルミの容器をたくさん買い、その中に野菜をしまうことで、すっきりとした野菜室...

片付けられるようになるために(1)

先日、ブログ開設1周年に向けて、このブログのまとめをしていきたいと書きました。その「まとめをしていきたい」というのは、「”片付けが苦手な人が、片付けられるようになるには、どうしたらいいか?” というテーマで、記事を書いていきたい」という意味です。それはつまり、私が、私のために作り、装着し、効果的であると感じた矯正装置の設計図を、公開したいという試みです。今回の記事は、その第一弾です。*片付けが苦手、...

お手軽・便利♪ 牛乳パックの仕切り

2012年4月20日、このブログを始めて1ヶ月余りの時に撮った写真が出てきました。当時、カトラリーを入れている引き出しのうち1つが、魔窟になっていました。引き出しの中のものを全部出して、いらない物や、用を成していなかった空き箱(仕切り)を捨て、新しく仕切りを作って、カトラリーを整理・収納。今は、子供用のカトラリーを少し処分したので、この写真より少しだけすっきりしています。仕切りをガムテープで止めてあったり...

「探し物が見つからない」のは、恥ずかしい

大事なCDの紛失に続いてまたまたショックなことがありました。手芸の道具が見つからない!~経緯~バザーで手芸作品を作って出そうと考える→自分がいつまで経っても手芸に取り掛かからないので、 目立つ(すぐ手に取れる)場所に置いておこうと思い立って道具を収納場所から出す→そのまま放置→子どもたちがいじる→怒って取り上げ、子どもの手の届かない場所に置く→その場所を忘れる  (←今ココ)バザーまでに作品を作るのは、こ...

ブログのカテゴリ構成に片付けのセンスが表れる!

お片付けや断捨離がテーマのブログは、いろいろと拝見しています。ブックマークをつけているところは少ないのですが、毎日あちこちのブログにお邪魔して勉強させていただいています。その時チェックするのが、記事の内容はもちろん、カテゴリの構成。カテゴリの構成にはその人のセンスが表れます。当然ですが片付けのセンスもそうです。「このブログ素敵だなー、勉強になるなー、お家もよく片付いてるっぽいなー」と思うブログの作...

書類の片付けのコツ

先日、ふと、「そういえば最近、書類が片付かなくて困るということがないな……」と思いました。以前は書類の片付けが本当に苦手で、たくさん溜め込んでいたのに、今はほとんどストレスフリーです。いやはや、1年前は魔窟がいっぱいでした!これらの片付けの記録は、記事の下の「関連記事」のリンクからどうぞ。今はもう、魔窟は出現しなくなりました。その片付けのポイントは何なのか、考えてみました。帰宅時の片付けと基本的に同...

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。