Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/101-154b107e

トラックバック

コメント

[C302] >kyokoさん

そうですね、焦らずひとつずつ向き合ってみるのが良いと思います!
少しずつ、理想のお部屋に近づきますように。
  • 2013-11-23 09:45
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C298]

みなみさん、お返事ありがとうございます。

どちらが良いか、自分に問いかけてみたら、理想の部屋にしたい気持ちの方が勝っています。
理想に近付きたいけど…という葛藤はありますが、
ひとつずつ手放していこうと思います。

アドバイス、ありがとうございました。
  • 2013-11-19 01:43
  • kyoko
  • URL
  • 編集

[C294] >kyokoさん

はじめまして! コメントありがとうございます。

理想とする部屋と、収納と、物量がシンクロしないとのこと。
物をたくさん持っていたいという思いと、理想の部屋にしたいという思いの
優先順位はどうですか?
理想のために、どれくらいまで他のことを諦められますか?

「物を”大量処分”しなければ」と思うと辛いし、できないと思います。
理想の部屋を目指すために、これなら手放しても良いかな? と思えるものを
丁寧にご自分に問いかけて、一つずつ探してみてはどうでしょう。

ちょっと宣伝になってしまいますが、今、SNSのコミュニティ機能を使って
お片づけをしたい方のサポートをさせていただく、という計画を立てています。
実際、今、その方法である方のお片づけのお手伝いをさせていただいていて、
着実に結果が出ているところです。
後ほど少し詳しいご案内をブログやSNSに載せる予定ですので
もしご興味がありましたらチェックしてくださいね。
  • 2013-11-17 19:05
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C290] はじめまして

初めてコメントいたします。
SNSのコメントを拝見し、ブログへたどり着きました。
最初の記事から何日かかけてここまで読み進めてまいりました。

10年以上片づけられない自分がだらしがなくて嫌だ、と思っていました。
実家も片づけ下手な両親です。

こんまりさんの本も読みましたが、ライフオーガナイズと同じ内容で、
肝心なのは自分がどのような生活をしたいか、ということなのは理解できました。

ただ、自分が理想とする部屋と収納と、物量が全くシンクロしません。
理想は収納から物がはみ出ていないことですが、どうしたら物が収まるのか、答えが見えません。
見えてはいるのですが、そこに到達するには物を大量処分しないといけません。
それが出来ません。

これまでの習慣をずるずる続けていても変わらないのは、こちらのブログでも学びました。

いつか、いつ見ても台所がスッキリ!という感覚を
私も体験したいです。

過去記事から順を追って読んでいるので最新記事はどのようなことが書かれているのか分かりませんが、今後もブログの更新をお待ちしております。
  • 2013-11-14 00:41
  • kyoko
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

効果絶大! 台所の片付け

今月は台所と冷蔵庫を集中的に片付けてみましたが、
それによって起こった良い変化は、絶大でした。
もともと、片付けたら何かが変わるかな? などということは
あまり考えていなくて、その分期待もなかったのです。
ただ無心に片付けてみたら、あらびっくり!!

ポイントは、作業台の上に常駐していたものを撤去したことと、
「見えない収納」を意識したことです。
これで本当にすっきりして、こんまりさんが『片付けの魔法』の中で書いていた(語句は不正確ですが)、
一気に完璧な状態まで片付けるのが大事。
その状態の気持ちよさを味わってしまえば、リバウンドしない

ということが体験できました。

今までは、片付けたつもりでも、いろいろなものが作業台の上に乗っていて、
全然すっきりしていなかったんですね。
すっきりしていない状態は、達成感がないし、ワクワクしません。
つまり、「片付けたいなあ」という気持ちになりません。
今は、片付けるととてもすっきりして、
「わーい、片付けたー!」という達成感がすごいです。
(そのうち慣れてあまり感じなくなるんだろうけど……)



で、そういう片付けができるようになってみると……



あーーーーーーんなに大っ嫌い!! だった、シンク(食器)の始末が、
自然とできるようになりました。
そんなの私にはどうせムリだから!! と諦めていた
「調理と同時進行で調理器具を片付け、調理が終わった時には
 全部が片付いている状態にする」ということができるようになりました。
ガスコンロやコンロ周りの壁などを毎日掃除するようになりました。
戸棚の中にタッパーが散乱しなくなりました。
冷蔵庫の中に、腐ったりかびたりしたモノが入ったタッパーが出現しなくなりました。
冷蔵庫がすっきりすると、頭の中もすっきりして、献立を決めやすくなりました。



朝起きたら台所がキレイ。
出かける時も台所がキレイ。
帰ってきても台所がキレイ。
急にお客様を呼ぶことになっても台所がキレイ。
寝る前も台所がキレイ。
使っていない時、いつも台所がキレイ。
作業台の上にもシンクの中にも何もない! なぁーーーーーーーーい! 皆無!!



気持ちよすぎる! 楽すぎる! 何この状態!!
(その状態が普通なんだよっ! というつっこみは今はご遠慮くださいませ……)




今までの片付けられない自分はいったい何だったのか?
台所を片付けただけでこの効果。本当に不思議です。
いえ、全然不思議ではないのですが、
不思議と言いたいくらい効果がすごいです。
(実際にはまだ、カビだらけの食洗機のホースが
 シンクに垂れていたりもするわけですが……。なんとかせねば)



3月に山﨑美津江さんのお宅にお邪魔した時
食は生活の中で一番大事なもの。
 その食を扱う場所だから、片付けは台所から始めましょう

ということを伺いました。
私も、「食こそが大事」ということは、頭では理解していたつもりでした。
(友の会でも叩き込まれますしね……)
でも実際、片付け祭りを始めてから8ヶ月経った今、初めて、
山﨑さんのおっしゃることの意味が分かりました。
まさに実感、痛感です。

一応言っておくと、この8ヶ月間に何回か台所を片付けてはいました。
でもその時は、それまでの自分に従って、それまで通りの片付けをしていただけなので、
何も劇的な変化は起こりませんでした。
そういう低レベルな片付けって、あまり意味をなさないんですね。
必要なのは、自分の習慣、つまり生活を変える力を持つ片付けではないかと思えてきました。
私にとってそれは、それまで一度も変えようと思ったことのなかったモノの置き場所を変えた
(出しっぱなしだったものを収納した)ことでした。


そういうのを「片付け」と呼ぶのはちょっと適切ではない気がします。
「システムの変更」と言った方が良いかもしれません。
片付けてはいたけれど、変化が起こらなかったのは、
システムを変更していなかったからかもしれません。
変化の起こらない片付けと、変化の起こる片付けを、
両方「片付け」という同じ言葉で呼ぶのはわかりにくいかもしれません。

「片付けたい」という気持ち、
それは何かしら「変わりたい、変えたい」という気持ちでもある
ので、
自分の中にあるその気持ちをよく見つめて、
それを実現するためにはどうしたらいいか考える。
そして実行する(システムを変更する)。
それがうまく行った時はすごいパワーが生まれるのだなあと思います。





今回、台所のシステムを変えたことによって、
(それと、友の会の「家事家計講習会」に出席して勉強してきたこともあって)
私の「食」に対する課題も、どんどんはっきりしてきました。

・週に2回、まとめて献立を決め、買い物もそれに合わせてする。
・厚生労働省所定の、1日の栄養所要量を、自分の感覚で具体的に把握する。
 (1日に取るべき量の食材を朝食の前に全て準備し、1日で使い切る。
  それをしばらく続けて目安量を叩き込む)
・夕食の時間を決める。
・冷蔵庫の中の食材の保存方法にルールを作る。
・野菜室、冷凍室を掃除する。


どれも少しハードルが高いので無理せず徐々にやっていこうと思います。
全部できるようになったら、自分の理想の家事に大きく近付けそうです。



よろしければぜひ感想(コメント)お願いします♪



ランキングの投票もしていただけるとうれしいです。
↓クリック
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/101-154b107e

トラックバック

コメント

[C302] >kyokoさん

そうですね、焦らずひとつずつ向き合ってみるのが良いと思います!
少しずつ、理想のお部屋に近づきますように。
  • 2013-11-23 09:45
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C298]

みなみさん、お返事ありがとうございます。

どちらが良いか、自分に問いかけてみたら、理想の部屋にしたい気持ちの方が勝っています。
理想に近付きたいけど…という葛藤はありますが、
ひとつずつ手放していこうと思います。

アドバイス、ありがとうございました。
  • 2013-11-19 01:43
  • kyoko
  • URL
  • 編集

[C294] >kyokoさん

はじめまして! コメントありがとうございます。

理想とする部屋と、収納と、物量がシンクロしないとのこと。
物をたくさん持っていたいという思いと、理想の部屋にしたいという思いの
優先順位はどうですか?
理想のために、どれくらいまで他のことを諦められますか?

「物を”大量処分”しなければ」と思うと辛いし、できないと思います。
理想の部屋を目指すために、これなら手放しても良いかな? と思えるものを
丁寧にご自分に問いかけて、一つずつ探してみてはどうでしょう。

ちょっと宣伝になってしまいますが、今、SNSのコミュニティ機能を使って
お片づけをしたい方のサポートをさせていただく、という計画を立てています。
実際、今、その方法である方のお片づけのお手伝いをさせていただいていて、
着実に結果が出ているところです。
後ほど少し詳しいご案内をブログやSNSに載せる予定ですので
もしご興味がありましたらチェックしてくださいね。
  • 2013-11-17 19:05
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C290] はじめまして

初めてコメントいたします。
SNSのコメントを拝見し、ブログへたどり着きました。
最初の記事から何日かかけてここまで読み進めてまいりました。

10年以上片づけられない自分がだらしがなくて嫌だ、と思っていました。
実家も片づけ下手な両親です。

こんまりさんの本も読みましたが、ライフオーガナイズと同じ内容で、
肝心なのは自分がどのような生活をしたいか、ということなのは理解できました。

ただ、自分が理想とする部屋と収納と、物量が全くシンクロしません。
理想は収納から物がはみ出ていないことですが、どうしたら物が収まるのか、答えが見えません。
見えてはいるのですが、そこに到達するには物を大量処分しないといけません。
それが出来ません。

これまでの習慣をずるずる続けていても変わらないのは、こちらのブログでも学びました。

いつか、いつ見ても台所がスッキリ!という感覚を
私も体験したいです。

過去記事から順を追って読んでいるので最新記事はどのようなことが書かれているのか分かりませんが、今後もブログの更新をお待ちしております。
  • 2013-11-14 00:41
  • kyoko
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。