Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/103-fee74843

トラックバック

コメント

[C190] >yukuraさん

はじめまして!
年末年始を挟み、お返事が遅くなってしまい、すみません。

お正月に実家に行き、口をあんぐりさせて帰ってきました。
年々パワーアップしていて困ります。
yukuraさんのお母様は、リサイクルショップに物を持っていくのは
お嫌いではないとのことで、うらやましいです。
うちの母はそういうのも一切だめです……

って、愚痴ぎみになってしまいました。ごめんなさい。
これからもよろしければ遊びにいらしてください。
私もyukuraさんのブログ読ませていただきますね。

[C189] はじめまして^^

はじめてコメントさせていただきます。

断捨離のランキングから飛んできました。

私も、本当にモノを溜め込む母のいる家庭で育ったので、心中お察ししますm(_)m

私も今日ブログで母について少々書いたところで、なんだかご縁を感じコメントさせていただきました^^

これからも訪問させていただきます♪

[C186] >サーフさん

アドバイスの内容、たぶん文中に書いたので合っていると……思います。
でも本当にすっかり忘れてました。
当時は「あなたとお母さんは別の人間」
そう言われても、アドバイスとしては全然ピンと来なかったんですが、
今思うと、とても的確な指摘だったと思います。

写真のUP、確かにちょっと手間がかかるので
ついつい文章だらけになってしまいがちです。
また写真つきの記事載せるようにしますね。
参考になると言っていただけてうれしいです♪
  • 2012-12-18 22:36
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C185] >みなみさん

そうでしたか。
早とちりでした。
占いの情報ありがとうございます。
アドバイスの内容を忘れてしまったってとこがいいですね。

写真を撮ってアップしてって時間がかかって大変でしょうが、とても参考になります。
ありがとうございます。
  • 2012-12-14 22:29
  • サーフ
  • URL
  • 編集

[C184] >サーフさん

はじめまして! コメントありがとうございます。

実家は関東なんです。多賀城へは旅行ついでに行きました。その時は確か仙台で牛タン食べて松島観光してどこかの温泉(失念)に泊まりました。
仙台近辺は何度か観光でお邪魔していますが、どちらも素敵なところですね。
件の占い師さんは「多賀城 占い レストラン」で検索すると情報が出てくると思います。ご興味がありましたらご参考までに。
  • 2012-12-14 17:34
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C183] はじめまして

オ屋敷は多賀城ですか!
今、私も捨てなければならない物の整理中なんですが、一気に終わらせることができず、少しずつ取り組み中なんです。
1回にゴミ袋1つを目標に頑張ってます。
それ以上やろうとすると疲れて嫌になってしまいますから。
それで、こちらのブログを拝見していてビックリ、多賀城とは!
私は仙台なんですよ!
これからもたくさん参考にさせてください。

  • 2012-12-14 15:08
  • サーフ
  • URL
  • 編集

[C180] >だんままさん

はじめまして! mixiから来て下さったのですね。

ああ~……。勝手ながらだんままさんにとっても親近感を感じてしまいました。
私も年に1~2回帰省します。本当はもっと帰りたいし、親に孫の顔も見せたいんですけど、無理です。
私は体調までは崩しませんが、でも帰省する前はだいたい親と揉めますし
家に足を踏み入れても3時間くらいが限度ですね。
それまではなんとか環境から心を閉ざして(笑)普通でいられるんですけど、徐々にイライラしてきます。
なので最近は日帰りばかりです。

そもそも、ここ1~2年は実家そのものに入れなくなってきました。
そのため、実家の隣に両親が避難的に借りている(!!)アパートに行くのですが、
そこもここ1~2年、かなりやばい状態で、もう後は時間の問題です。


「なぜなんだろう」、私も同じです。実家(というかアパート……)に帰るたびに思いますよ。
なぜこんなに汚いんだろう、なぜこれで平気なんだろう、なぜこうなっちゃったんだろう、
なぜ片付けられないんだろう、なぜ私や子供たち(孫)が来やすいようにしてくれないんだろう、etc、etc。
でもたぶん答えを知ることに意味はないと思います。(私の場合)


次からは私も「前世、前世」と考えようと思います(笑)
よかったらまたお気が向いた時にでもコメントくださいね。
  • 2012-12-07 18:04
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C178] 同じ境遇です

mixiがきっかけでこちらを知り、更新を楽しみに拝見しています。

私も実家が汚屋敷です。
特に父親のものがひどいです。
もう十数年離れて暮らしているので、俯瞰できるようになりはしたものの、孫の顔を見せに帰る年に2度は体調がわるくなるほど苦痛です。

無事自宅へ戻ると、いつも「なぜなんだろう…」と答えの出ない疑問でループ状態でしたが、
「もしかしたら父親の前世は…」と思えばいいのかもしれませんね。
なんだかよいヒントをいただきました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

占い師との邂逅

日本ブログ村の私のブログ紹介文に、

>筋金入りの汚屋敷で育ち、それを苦に占い師に泣きながら相談した過去も持つ私が本気で片付けます♪

と書いてあります。
今日はその、占い師に見てもらった時のことを書こうと思います。

(↓ちなみにブログ村はこちら)
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ




私の実家は汚屋敷です。
具体的な様子については、別のところでも語りつくしてきましたので
もう書く気はないのですが、
常軌を逸した汚屋敷も、汚屋敷を作り出す人々も、常人の理解できるものではありません。
そして、そういう家を実家に持ち、そういう人々を身内に持つ人の苦しみも絶望感も、
普通の人に理解できるものではありません。
「大掃除すればいいじゃん」「業者入れればいいじゃん」
言うだけなら簡単です。実行するのだって不可能ではないでしょう。
でもそれで解決する問題じゃないんです。
それは当事者になってみないとわからないと思います。



一時期は本気で悩んでいました。
何しろ、あの家を会社に知られたら就職できないとか、お見合い相手に知られたら結婚できないとか、
そんなことがあっても全然おかしくないレベルの汚屋敷ですからね。
外から見ると完全に幽霊屋敷です。
中に入るとワンダーランドです。(常識を覆す出来事に驚愕の連続)
今思うと、
「自分がこの汚屋敷をなんとかしなくてはいけないんじゃないか」
「大掃除すればいいんじゃないか」
……そう思っていた(そして実行しようとしていた)10年ほどが一番辛かったです。
今となってはそう考えること自体が浅はかだったと思います。



で、そういう時期、ついでに言えば新卒で入った会社を退職して
自分の中でいろいろなものが、それこそ嵐のように渦巻いていた時期に、
私はその占い師に出会ったのでした。
15年近く前のことです。
「よく当たる占い師がいるから行こうよ」と誘ってくれたのは
昔からの友人たちでした。
場所は、宮城県多賀城市にあるレストランでした。



「相談の時間はあっという間だから、質問は事前に考えて行った方がいいよ」
友人がそうアドバイスしてくれたので、もちろんそれは考えて行きました。
でも、占い師のいる部屋に入って、「今日は何を聞きたいですか」とたずねられた途端、
「あの、実家が……」と、そこまで言って、私は口ごもってしまいました。
本当に言葉が見つからなかった。どう話していいのかわからなかった。
今でこそ、自分の実家の問題について何度も言葉や文字にした経験がありますが、
当時は誰にも話せなかったし、どこにも書けなかった。
それがどういうことか分かってもらえますか。
あの頃の自分を思い出すと、かわいそうで、今でも涙が出そうになります。



でもその占い師は、私が言葉を見つけるより早く
「ああ、そういうことね」と言ったのです。
そして、私の実家が汚いこと、特に母が片付けられないことをずばりと言い当てた、
というより、それを前提に話し始めたのでした。
度肝を抜かれるとはこのことです。
「この人、見えてる……見えてるんだ……」
そうとしか思えなかった。
これだけは誓って正確に覚えているけど、私は何も言っていない。
「実家が……」
ここで私は完全に沈黙したのです。
レストラン内でお茶をしながら、友人たちと順番を待っている時間も、
私が実家について相談するつもりだということは話していなかったと思います。
何しろ他人に話せなかったから。




そしてその占い師の言うことには、
「あなたのお母さんは前世が乞食だったからね。
 だから物を捨てられない」





……乞食かよ!!





当時は愕然としました。
(たとえ占いであっても「乞食」って、そんなあんまり……)
でも、これを書いている今、初めて思ったのですが、
「母の前世は乞食。その因縁で現世ではこんなになっちゃった」って、
それはそれで良い解釈のような……。
というのは、母のモノや時間やお金の管理に対する感覚、
モノに対する買い方や執着も、普通ではなく、
何かちょっと世界が違う、とでも思わないと理解できないからです。
(ただ私は娘だけあってかなり母の考え方を理解している方だとは思います)
他人への迷惑も省みず、
自分や家族の健康も省みず、
(家が汚くて健康に被害が出るレベルなのです。モノに躓いて怪我とか、
 台所が使えないので料理ができず外食一辺倒とか)
自分で自分も律せないような、いい加減な生活をなぜ続ける……と思えば腹も立ちますが、
「あれは前世で満たせなかったものを現世で満たそうとしているのだ」でも思えば、
まあ許せるというか、憐れむことができるというか、一歩引いて眺められるというか、
そんな感じでいいんじゃないでしょうか(笑)


正直、状況を言い当てられた衝撃が大きすぎて、
悩みに対してどのようなアドバイスをもらったのか、覚えていません。
ただ、その占い師は厳しい方で
他のある質問に関してはビシッと容赦ない答えが返ってきました。
それを聞いて、その時、自分の心がいかに弱っているかを痛感しました。
いろいろな思いが溢れてきて、占いが終わっても涙が止まらず、
泣きながら友人たちの待っているテーブルに帰りました。


その出来事を思い出すと、ずいぶん遠くまで来たような気がします。
今、私が片づけを通じて自分の習慣と向き合えるようになったことには
あの経験が何かしら影響している気がします。
「自分の悩みを不思議な力で言い当てられた」
それだけのことが、具体的にどのように私に作用したのかはわかりませんし、言葉にできません。
でも、ただ何かとても大きな影響を受けたような気がすることは確かです。
……と、ここまで書いてきて、占い師からのアドバイスは
「あなたはあなた、お母さんはお母さん、別の人間。だから気にするな」
だったような気がしてきました。あまり自信はありませんが。




片付けられないご家族を持つ皆さん、勝手ながら、ご苦労お察しします。
そういう身内と付き合うポイントは、「精神的に離れて俯瞰」これに尽きると思う次第です。





よろしければコメントお願いします。



↓断捨離ブログのリンク集へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/103-fee74843

トラックバック

コメント

[C190] >yukuraさん

はじめまして!
年末年始を挟み、お返事が遅くなってしまい、すみません。

お正月に実家に行き、口をあんぐりさせて帰ってきました。
年々パワーアップしていて困ります。
yukuraさんのお母様は、リサイクルショップに物を持っていくのは
お嫌いではないとのことで、うらやましいです。
うちの母はそういうのも一切だめです……

って、愚痴ぎみになってしまいました。ごめんなさい。
これからもよろしければ遊びにいらしてください。
私もyukuraさんのブログ読ませていただきますね。

[C189] はじめまして^^

はじめてコメントさせていただきます。

断捨離のランキングから飛んできました。

私も、本当にモノを溜め込む母のいる家庭で育ったので、心中お察ししますm(_)m

私も今日ブログで母について少々書いたところで、なんだかご縁を感じコメントさせていただきました^^

これからも訪問させていただきます♪

[C186] >サーフさん

アドバイスの内容、たぶん文中に書いたので合っていると……思います。
でも本当にすっかり忘れてました。
当時は「あなたとお母さんは別の人間」
そう言われても、アドバイスとしては全然ピンと来なかったんですが、
今思うと、とても的確な指摘だったと思います。

写真のUP、確かにちょっと手間がかかるので
ついつい文章だらけになってしまいがちです。
また写真つきの記事載せるようにしますね。
参考になると言っていただけてうれしいです♪
  • 2012-12-18 22:36
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C185] >みなみさん

そうでしたか。
早とちりでした。
占いの情報ありがとうございます。
アドバイスの内容を忘れてしまったってとこがいいですね。

写真を撮ってアップしてって時間がかかって大変でしょうが、とても参考になります。
ありがとうございます。
  • 2012-12-14 22:29
  • サーフ
  • URL
  • 編集

[C184] >サーフさん

はじめまして! コメントありがとうございます。

実家は関東なんです。多賀城へは旅行ついでに行きました。その時は確か仙台で牛タン食べて松島観光してどこかの温泉(失念)に泊まりました。
仙台近辺は何度か観光でお邪魔していますが、どちらも素敵なところですね。
件の占い師さんは「多賀城 占い レストラン」で検索すると情報が出てくると思います。ご興味がありましたらご参考までに。
  • 2012-12-14 17:34
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C183] はじめまして

オ屋敷は多賀城ですか!
今、私も捨てなければならない物の整理中なんですが、一気に終わらせることができず、少しずつ取り組み中なんです。
1回にゴミ袋1つを目標に頑張ってます。
それ以上やろうとすると疲れて嫌になってしまいますから。
それで、こちらのブログを拝見していてビックリ、多賀城とは!
私は仙台なんですよ!
これからもたくさん参考にさせてください。

  • 2012-12-14 15:08
  • サーフ
  • URL
  • 編集

[C180] >だんままさん

はじめまして! mixiから来て下さったのですね。

ああ~……。勝手ながらだんままさんにとっても親近感を感じてしまいました。
私も年に1~2回帰省します。本当はもっと帰りたいし、親に孫の顔も見せたいんですけど、無理です。
私は体調までは崩しませんが、でも帰省する前はだいたい親と揉めますし
家に足を踏み入れても3時間くらいが限度ですね。
それまではなんとか環境から心を閉ざして(笑)普通でいられるんですけど、徐々にイライラしてきます。
なので最近は日帰りばかりです。

そもそも、ここ1~2年は実家そのものに入れなくなってきました。
そのため、実家の隣に両親が避難的に借りている(!!)アパートに行くのですが、
そこもここ1~2年、かなりやばい状態で、もう後は時間の問題です。


「なぜなんだろう」、私も同じです。実家(というかアパート……)に帰るたびに思いますよ。
なぜこんなに汚いんだろう、なぜこれで平気なんだろう、なぜこうなっちゃったんだろう、
なぜ片付けられないんだろう、なぜ私や子供たち(孫)が来やすいようにしてくれないんだろう、etc、etc。
でもたぶん答えを知ることに意味はないと思います。(私の場合)


次からは私も「前世、前世」と考えようと思います(笑)
よかったらまたお気が向いた時にでもコメントくださいね。
  • 2012-12-07 18:04
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C178] 同じ境遇です

mixiがきっかけでこちらを知り、更新を楽しみに拝見しています。

私も実家が汚屋敷です。
特に父親のものがひどいです。
もう十数年離れて暮らしているので、俯瞰できるようになりはしたものの、孫の顔を見せに帰る年に2度は体調がわるくなるほど苦痛です。

無事自宅へ戻ると、いつも「なぜなんだろう…」と答えの出ない疑問でループ状態でしたが、
「もしかしたら父親の前世は…」と思えばいいのかもしれませんね。
なんだかよいヒントをいただきました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。