Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/115-8b1748c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

子どもと一緒に洗濯物を始末する

これまで、我が家が片付かない二大原因は
1,台所(食器を洗って拭いて食器棚に入れるのが嫌い)
2,洗濯物(畳んだ洗濯物をタンスにしまうのが嫌い)
……でした。(過去形)




台所については自分なりに努力をして、
ここ数ヶ月でそこそこきれいにキープできるようになってきました。
となると、気になるのが洗濯物。



我が家の洗濯物は、
寝室(私の服)、物置部屋(夫の服)、玄関(子ども服)、
洗面所(タオル類)、台所(ふきん・ハンカチ類)と、なんと5ヶ所に分散収納しています。
これがそもそも収納が面倒になる原因の一つです。
特に、私の洋服は、寝室の押入れの中にしまっているのですが、
ふすまをあっちにやったりこっちにやったりしないと
押入れの中に入れている衣装ケースの引き出しが開かないので、大変不便です。
つまり、畳み終わった洗濯物が入ったカゴが
ダラダラと部屋の中に置きっぱなしにされるのを防ぐためには、
洗濯物の収納場所やシステムそのものを根本的に改善する必要があります。




でも、引越しまであとちょっとなんだもーん。
そんな大掛かりなこと、今さらやってられない! というか、やりたくない!
しかし、洗濯物はきれいに片付けたい。
……というわけで、考えました。




結論:
「洗濯物を畳むのもしまうのも、一人で全部やろうとするから大変なんだ! 
 子どもに手伝わせればいいんだ!!」




常々、
子どもには、家族の一員として家事はさせたい、
それが当たり前にできる子たちに躾けたいと思ってはいましたが、
自分自身がそういう躾を受けていない上に、
家事の躾というのはこちらもかなり意識して手間をかけないとできないので、
ついついほったらかしになっていました。



そのあたりを反省しつつ、かつ、真剣に自分以外の労働力が欲しい!
という必要性に迫られて、
子どもたちに洗濯物の始末をさせるべく、誘導しました。
考えてみれば我が家の子どもたちはすでに6歳と4歳(幼稚園年長・年少)。
洗濯物の始末くらいできないはずがありません。



子どもたちをその気にさせるにはどうしたらいいか、
私は母親ですので、もちろんツボは的確に把握しています。
子どもたち(特に長女)は、「がんばりひょう」の類が大好きなのです。
そこで、洗濯物を「たたんだかず」「はこんだかず」「(その2つを)たしたかず」を
記入する表を作ってやりました。
「たしたかず」が規定以上(長女30以上、次女20以上)になれば、ごほうびのシールがもらえます。
シールも、キラキラのラメが入った、毎回違う絵柄のものなので、子ども心をくすぐるようです。



このシステムが、我ながら「してやったり」と笑いたくなるくらい、ハマりました。
「洗濯物、畳む?」と聞くと、2人とも飛びついてきます。
また、「○○ちゃん(自分)がいっぱいたたみたいから、ママはたたまないでー!」と言ったり
朝、「幼稚園から帰ってきたら洗濯物たたむー!」と宣言してから登園したり。



多少の手助けはしますが、基本的に洗濯物は子ども達が全部片付けてくれます。
私は子ども達が洗濯物をカウントするのを手伝ってやり、
表に数を記入してやって、シールをやるだけです(笑)
私は楽ができて、子ども達は楽しみながら洗濯物をたたむ練習ができ、ついでに数の勉強にもなり、
家の中はきれいになって、いいことづくめ(^▽^)



子どもをシールで釣るのはどうなのか、
そもそもこのシステムがいつまで飽きられずに続くのか
(今のところ始めてから3週間ほどです)、
疑問といえば疑問ですが、
子ども達が楽しみながら洗濯物の始末をすることは
とてもいいことではないかと思っています。
そしてなにより、私自身、子ども達と一緒に洗濯物の始末をする方が
一人で黙々と作業をするよりも、ずっと楽しいのでした。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/115-8b1748c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。