Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/170-03e7994e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

子供のお下がり服の管理のコツ

お下がりの子供服は、片付けの苦手な人にとっては、
管理の難しいものの一つではないかと思います。
要因は以下の通りです。


1.一度に大量に家の中に入ってくる
2.必要なものと不要なものが混ざっている
3.今すぐ着られないもの(次シーズン~数年先に必要になるもの)ものも混ざっている


つまり、お下がりの仕分けや管理は量的にも質的にも難しいのです。
極端な話、物の管理が特に苦手な人は、
お下がりは一切もらわない方が良いかもしれません。
自分で必要な服だけを買えば、お金はかかりますが、
1~3のいずれにも当てはまらずに済むからです。


私も、お下がりはとてもありがたい反面、管理には悩まされてきました。
その経験を元に、注意すべきポイントを記してみます。


1.もらう時は、不要なものを処分する方法を決めてから


大量のお下がりをもらえばもらうほど、その中に、着ない服・着られない服も入っています。
その服をきちんと処分することができなければ、
家の中に溜まっていき、収納スペースを圧迫してしまいます。
お下がりをもらう前に、どうやって処分するかしっかり考えておきましょう。
リサイクルショップやバザーに出す・知人に譲る・ネット経由で人に譲る・捨てるなど。
捨てる以外の場合は、具体的に、「どの店に」「どのバザーに」「誰に」など、
処分のルートをしっかり確保しておきましょう。


また、処分は早めにしましょう。
時間が経つほど服の価値は下がります。(デザインの流行・経年劣化やシミなど)


リサイクルショップは、
汚れや破損のあるもの、オフシーズンのものも全部一緒に引き取ってくれるところもあります。
服をまとめて持って行ったり、売れなかったものを引き取ったりする手間や時間、
交通費などのコストも考えて、ベストの処分方法を見つけるといいですね。


002_R_20120404144319_201311271928574be.jpg



ちなみに私は、家から出た不要な子供服は、ほとんど仕分けせずに
汚れや痛みのあるものも含め(!!)、すべて一人の友達に引き取ってもらっています。
彼女に服の引取りをお願いするようになってから
仕分けの手間もなく、処分先に悩むこともなく、本当に助かっています。
(友よ、いつもありがとう☆)



2.もらったら、その場で仕分ける

もらった服を、「さて、どんなものがあるか見てみよう」と、箱(袋)から出したら、
その場で不要な服を仕分けましょう。
「後で仕分けよう」と、箱に戻してはいけません。二度手間になります。
手渡しでもらう場合は、できればその場で仕分けてしまい、
不要なものは受け取らずに返してしまいましょう。
(それが失礼にならないような人間関係やコミュニケーション力を培っておく)


仕分ける時、次のようなものはどんどん不要認定します。

・着にくそう/着せにくそう
・色やデザインが(親/子供の)好みではない/古くさい
・洗濯しにくそう/乾きにくそう
・気になるヨレ、毛玉、汚れ、破損などがある
・サイズに対して丈が短すぎる(お腹が出そう)
・オフシーズンのもので、着られるようになったとき、サイズが小さくなっていないか不安


この時代、その1着がなくても何とでもなります。無理して着せることもありません。
「着られるか」ではなく「着せたいか」「着たがるか」を考えましょう。



3.数や量を決める

仕分けして、残したい服が明らかに多すぎる場合は、数や量を決めて厳選します。
例えば「すぐに着られないお下がりは衣装ケース1つ分だけ」など、ルールを決めておきましょう。
また、TシャツならTシャツ、長袖シャツなら長袖シャツというように
種類別に床に並べ、気に入った順に並び替えをする(子供自身に並べ替えさせる)のも良いです。
並べ終わったら、上位の服だけ(決めた数だけ)を残し、下位の服は処分します。
服やおもちゃは、この方法で子供自身に選ばせるのがおすすめです。



ざっと思いついたことを並べてみました。
また何か思いついたことがあれば記事にします。



↓人気のお片づけブログがたくさん読めます☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/170-03e7994e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。