Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/171-a0f9ee59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

吉田太一さん講演会(遺品整理会社「キーパーズ」代表取締役)

だいぶ前の話になりますが、2011年7月27日、吉田太一さんの講演会に行きました。
吉田さんは、日本で初めて設立された遺品整理専門会社「キーパーズ」の社長さんです。
2011年11月に公開された、さだまさし原作の映画『アントキノイノチ』の中で、
岡田将生・榮倉奈々が演じる主人公たちは、
遺品整理会社「クーパーズ」に勤めるアルバイターという設定であり、
この「クーパーズ」は、「キーパーズ」がモデルになっているそうです。
(私は未見。ずっと観たいと思っているのですが……)


会場は、加入している生協(生活クラブ)の小さなセミナールームで、
参加費は無料、参加者も30人程度という、
大変恵まれた(&もったいない)環境での講演会でした。


私は、印象的な出来事は日記に書き残すようにしているのですが、
この時の講演会のことは書くことができませんでした。
あまりにもこの講演会から受け取ったものが大きすぎたからです。
そのため、潔く書くのは諦めました。


吉田さんの講演の内容は、主に、「孤立死」に関するものでした。
普通に亡くなった人の遺品だけでなく、
誰にも気づかれることなく、一人暮らしの自宅で亡くなってしまい、
そのまましばらく発見されなかった人の遺体や遺品を片付けることも
キーパーズの仕事です。


吉田さんは、遺品は、故人の親友であるとおっしゃいます。
故人とともに暮らし、その生活を間近で支え、慰めや楽しみを与え、話し相手になり、
故人の死すらも看取るものだと。


孤立死してしまう人の部屋には、ある共通した特徴があるそうです。
それは、壊れた電化製品が放置されているということ。
孤立死してしまう人は、物のメンテナンスをしないように、
人間関係のメンテナンスもしないのだそうです。
電化製品が壊れたら、修理せずにそのまま放置し、部屋の中でほこりをかぶらせてしまう。
家族や友人との人間関係が悪化したら、修復せずにそのまま放置し、疎遠になってしまう。
やがて周囲に親しい人間がいなくなり、その先に孤立死がある。
孤立死した人の部屋で、遺品に囲まれていると、
それを通じて、故人が「自分はこうなってしまったけど、お前はこういう風にはなるなよ」と
話しかけてくるようだと、吉田さんはおっしゃっていました。
そして、この講演会のように、お仕事を通じて、孤立死を防ぐ活動をなさっているそうです。


ゴミ溜め 兼 幽霊屋敷のような家で育った私にとって、
「モノとヒトの関係」にはとても興味があります。
異常性や狂気を感じるほど、モノに執着する家族と、その家族が作り出す環境、
そういうものの中で育ったこと、それが私の原点です。
私にとっての「お片づけ」とは、単に、
きれいになれば気持ちいいよね、とか、どこに何を収納すればいいかしら、
というような問題だけには留まらず、
「まともに片付けられないと、人間らしい生活ができなくなり、健康被害が生まれ、
 自分の人格を疑われ、社会生活にも支障が出る」という
切実な危機感に根ざした問題なのです。
(余談ですが、私の実家の家族は、壊れた電化製品は放置するけれど、
 周囲との人間関係は密なようで、孤立死はしそうにありません。
 いろいろな意味で、よくある型にははまらない人たちです。)


うまく言えませんが、
吉田さんがライフワークと定めて生きている世界と、
私が育った世界は、質的にほとんど同じなのではないかと思いました。
その世界の、正常な環境で育った人が理解しがたい部分を、
私は理解できるのではないかと思いました。


最後に、吉田さんが、
この地域でも仕事を展開するので、現場の手伝いをしたいという人があれば
言ってくださいとおっしゃっていました。
私は本当に本当に興味があったのですが
当時はまだ子供が入園しておらず、それは無理だと思って、その場で諦めてしまいました。
今思えば、「今は無理ですがいずれ……」ということだけでもお伝えすればよかったです。
それ以外にも、吉田さんと個人的にお話ししてみたい、講演会の感想をお伝えしたいという
思いはたくさんあったのですが、とにかくいろいろと感じたところが多すぎて
処理能力が追いつかず、会釈くらいしかできないまま会場を出てきました。


さて、


満足行く出来とは言わないまでも、吉田さんの講演会の感想を
2年4ヶ月経ってようやく文字にすることができました。
機会があればぜひ、吉田太一さんのお話を聞いてみてください。


↓ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/171-a0f9ee59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。