Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/193-dddba029

トラックバック

コメント

[C314] >レイナさん

そうですよねー、ウエスは簡単そうで難しいですよね。すごくわかります。
もともと使う習慣のないものを活用しようとすると
結構いろいろ工夫しないといけないんですよね。

ウエスを1枚使うと、ティッシュ・キッチンペーパー・おしりふきなど
お金を出して買うものを確実に1枚節約できるので、ケチな私は張り合いが出ました(笑)
例えば、おしりふきで1日3枚使ったら、1ヶ月で約100枚=約1パック分節約です。
実際はウエス1枚はおしりふき1枚分以上の働きをしてくれることも多々あるので
節約効果はさらに高いと思います。

我が家の場合、夫実家から名入りタオルをたくさんもらえるので
名入りは、ちょっと汚れて&へたってきたものは、漂白はしないで替えてます。
ちゃんと把握していないですが、多分年に3回くらいはチェックして処分しています。

バスタオルは、ちょっとお値段が張るもを買ったこともあって、もう数年使ってます(^^;)
でも、そこまで使うとやっぱり、ふわふわ感は皆無だし、見た目もきれいではないですねぇ……。
一度、ウエスにしようと思っても、その時に思い切って切らないと
いつの間にかまたタオルとして使っちゃったりします。(往生際が悪い)
安いタオルで回転を上げるのもありかなと思うのですが
安いのは結構すぐにゴワゴワ&ぼろぼろになってしまうので、
ある程度の品質のものを使った方が気持ちよく、買い替えの手間も省けるのかな? と思ったり。

と、私も基準が明確ではないです(^^;)
でも、タオルは毎日使うし、肌に直接触れるものなので、ちょっと贅沢かなと思うくらいの
基準で交換してもいいのかも……と思います。
今まで読んだ家事本(町田貞子さん著)の中には、期間を区切ってタオルを替える
という方法もありました。町田さんの場合は半年に1回だそうです(早い!)。
  • 2014-04-10 18:55
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C311]

この記事も本当に感動〜。
そうそう、断捨離系お片づけ系本を見ても
古いタオルはウエスにして処分すればOKとか
あっさり書いてるけど、そのウエスとやらが
全然使い切れなかったんです…!
かゆいところまで色々書いてあって本当に参考になるー!

息子がつかみ食べで毎度食卓が悲惨なことになってるので
ウエス再挑戦頑張ろうかな。

ちなみにウエスにするタオルの基準ってどんなんですか?
実家はかなりボロボロになるまで使ってた感じ(5年とか)
だったんだけど、毎日洗濯してたら
早くて1年、2〜3年で最初のフワフワ感はなくなるような…。
でもタオルとして使えなくもない。いつもこの判断基準に悩んでます。
ぜひ聞かせてくださいー!
  • 2014-04-10 01:28
  • レイナ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

古タオル(→ウエス)活用のコツ

前回のエコバッグに引き続き、
「捨てるに捨てられないモノ」「ついつい溜めてしまうモノ」の活用・第二弾は
古タオルがテーマです。


古タオルを捨てられないという人は多いようです。
「ウエスにしてリサイクルしようと思いつつ、面倒で、でも捨てられなくて……」とのこと。
そういう方の理由はほぼ共通しており、以下の2点です。
「(古タオルをウエスにするために)切るのが面倒」「切ると粉(細かい繊維くず)が出るのでイヤ」
この感想を私は今まで何人の方から聞いたでしょうか。
本当に判を押したように皆さん同じことを言います。
今回の記事では、その2点も含めて、
古タオルをウエスとして活用するコツについて書いてみたいと思います。


ちなみに、なぜ「古タオル→ウエス」なのかといいますと、
タオル地の凹凸は、汚れをかき取るのに非常に使い勝手が良いためです。
使い捨てのウエスにすると暮らしの中のいろいろな場面でとても便利です。



ではまず、おすすめのウエスの使い方から。

★台所周辺
・食器や調理器具の汚れの拭き取り
(特にカレールーのついた皿や鍋、油を引いたフライパンなど。
 生活排水の汚れを減らし、洗剤と洗う手間の節約にもなります)
・コンロ周りの掃除
・シンクの排水口バスケットの掃除


★乳幼児の世話(←超おすすめ)
・口拭き、手拭き
・おしり拭き
 (水やぬるま湯で湿らせて使うと、汚物もきれいに拭き取れます。
  拭き取った後は小さなビニール袋に入れて捨てます。
  市販のおしり拭きよりずっと使い勝手が良く、
  市販のおしり拭きを何枚も使わなければ落ちないような汚れも
  ウエスなら1~2枚で拭き取れ、おしり拭き代の節約にもなります。
  また市販のおしり拭きにはいろいろな薬品が入っており、
  それを赤ちゃんのデリケートな部分に使うことになりますが、
  その点、水で湿らせたウエスなら安心です)


★野外バーベキュー
・台拭き、手拭き、鉄板拭き、etc.
 (いろいろな使い方ができてとても便利です。多めに持って行ってどんどん使います)



次に、ウエス作りと、その活用が面倒にならないための工夫です。



★切れ味のいい裁ちばさみで切る

切れ味の悪いはさみで古タオルを切ると、かなり手間がかかります。
私も以前は紙切りはさみを使っていましたが、
やはりタオルは切りにくく、かなりストレスを感じていました。
それが面倒になる原因だと思い至ったので、新しく裁ちばさみを買いました。
2000円程度のものですが、刃渡りが大きく、切れ味も良いので、段違いに使いやすいです。


★古タオルと裁ちばさみを一緒に置いておく

手芸などで頻繁に裁ちばさみを使う場合は別ですが、
そうでなければ、裁ちばさみは古タオルと一緒に保管しておきます。
「そうだ、ウエスを作ろう」と思った時に、すぐ作れるように材料と道具を一緒にしておくと
スムーズに作業ができます。
私は、ウエス置き場に、古タオルと裁ちばさみを一緒に置いておき、
ウエスが減ったときにすぐ古タオルを切れるようにしています。


★粉(細かい繊維くず)は出るのが当たり前と考える

私の経験上、質のいいタオルほど繊維くずは出ません。
ただ、それでもまったく出ないとは言い切れませんし、
質の良くないタオルだと本当にボロボロとくずが出ます。
その掃除が面倒か、面倒でないかと言えば面倒に決まっていますが、
古タオルを切るというのはそういうものです。
庭やベランダで切る、新聞紙を広げて切るなど、対策はあるので、その手間を惜しまないことです。
ちなみに私は繊維くずはコードレスクリーナーで吸い取っています。
普通の掃除機に比べて気軽に掃除できるのでストレスは少ないです。


★ウエスのサイズにこだわる

これも私の経験上、ウエスの大きさはかなり重要です。
大きすぎても小さすぎても使いにくく、ウエス自体を使うのが面倒になってしまいます。
私は、フェイスタオルなら24分割と決めています。(長辺8分割×短辺3分割)
これは自分の手のひらを軽く広げたのとほぼ同じ大きさです。


★ウエスの置き場所にこだわる

せっかく作ったウエスも、使いにくい場所に置いてあると上手に活用できません。
使いやすい場所に、きちんとウエスの指定席を作りましょう。
私は、ウエスは台所で使うことが多いので、シンクの下の引き出しを指定席にしています。
ダイニングからもアクセスしやすい場所です。





……ウエスについて、つい熱く語ってしまいました(^^;
でも、たかがウエス、されどウエスなんです。
過去の私は、何も考えずにただボロ布を切ってウエスにしていましたが、その時はうまく活用できませんでした。
たたんで箱に入れたウエスを換気扇のフードの上に置いていたのですが、
使うのが面倒で、ただ置いたままにしていました。


しかし……、
・ウエスの生地は、のっぺりしたものより凹凸のあるタオルが便利
・サイズは大きすぎても小さすぎても使いにくい
・指定席は使いやすい場所にしないと、結局うまく使いこなせない
などなど、自分なりに、ウエスを使いこなせない理由をひとつひとつ分析して、考えて、工夫した結果、
ウエスを上手に使いこなせるようになりました。


片付けに限らず、何でもそうですが、何かの作業に対して「面倒」と感じた時、
「面倒だからやらない、できない」とすぐに結論を出すのではなく、
なぜ面倒なのかをよく分析して、その原因を潰すことが、上達の秘訣であると思います。


ウエスについてここまで熱く語る人もそうそういないだろうと思いつつ
この記事を締めたいと思います(笑)
おわり。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/193-dddba029

トラックバック

コメント

[C314] >レイナさん

そうですよねー、ウエスは簡単そうで難しいですよね。すごくわかります。
もともと使う習慣のないものを活用しようとすると
結構いろいろ工夫しないといけないんですよね。

ウエスを1枚使うと、ティッシュ・キッチンペーパー・おしりふきなど
お金を出して買うものを確実に1枚節約できるので、ケチな私は張り合いが出ました(笑)
例えば、おしりふきで1日3枚使ったら、1ヶ月で約100枚=約1パック分節約です。
実際はウエス1枚はおしりふき1枚分以上の働きをしてくれることも多々あるので
節約効果はさらに高いと思います。

我が家の場合、夫実家から名入りタオルをたくさんもらえるので
名入りは、ちょっと汚れて&へたってきたものは、漂白はしないで替えてます。
ちゃんと把握していないですが、多分年に3回くらいはチェックして処分しています。

バスタオルは、ちょっとお値段が張るもを買ったこともあって、もう数年使ってます(^^;)
でも、そこまで使うとやっぱり、ふわふわ感は皆無だし、見た目もきれいではないですねぇ……。
一度、ウエスにしようと思っても、その時に思い切って切らないと
いつの間にかまたタオルとして使っちゃったりします。(往生際が悪い)
安いタオルで回転を上げるのもありかなと思うのですが
安いのは結構すぐにゴワゴワ&ぼろぼろになってしまうので、
ある程度の品質のものを使った方が気持ちよく、買い替えの手間も省けるのかな? と思ったり。

と、私も基準が明確ではないです(^^;)
でも、タオルは毎日使うし、肌に直接触れるものなので、ちょっと贅沢かなと思うくらいの
基準で交換してもいいのかも……と思います。
今まで読んだ家事本(町田貞子さん著)の中には、期間を区切ってタオルを替える
という方法もありました。町田さんの場合は半年に1回だそうです(早い!)。
  • 2014-04-10 18:55
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C311]

この記事も本当に感動〜。
そうそう、断捨離系お片づけ系本を見ても
古いタオルはウエスにして処分すればOKとか
あっさり書いてるけど、そのウエスとやらが
全然使い切れなかったんです…!
かゆいところまで色々書いてあって本当に参考になるー!

息子がつかみ食べで毎度食卓が悲惨なことになってるので
ウエス再挑戦頑張ろうかな。

ちなみにウエスにするタオルの基準ってどんなんですか?
実家はかなりボロボロになるまで使ってた感じ(5年とか)
だったんだけど、毎日洗濯してたら
早くて1年、2〜3年で最初のフワフワ感はなくなるような…。
でもタオルとして使えなくもない。いつもこの判断基準に悩んでます。
ぜひ聞かせてくださいー!
  • 2014-04-10 01:28
  • レイナ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。