Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/239-0dc077ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■神社のお札はお焚き上げや返納ですっきり処分!

SNSのタイムラインで、お友達から
「突然、自治会からお祓いのお札が配られた。どうしたらいい?」
という話題が出ました。
調べたら近所の神社のお札だったそうです。
いきなりお札は驚きますね。


神社のお札、うちの自治会でも配られます。
(四月が例祭なのでその時かな?)
引越し前の社宅(市内)でもそうでした。
各地でよくある慣習なのかな。


家の中に祀るつもりがないのであれば、私のおすすめは
★ゴミとして捨てる
★神社に返納する
★年末年始のお焚き上げに持って行く

のいずれかです。


以前、このブログで、「破魔矢の返納―神社仏閣グッズの扱いを考える」という記事を書きました。
2012年の8月。手前味噌ですが、引用します。


>お札や破魔矢のような神社仏閣グッズは、皆さんはどこへ置いて(祀って)いますか?
>私は、置き場所に困っています。
>きちんと専用のスペースを作れば良いのですが
>しかしそれほどには信心深くない、
>かといってゴミとして捨てることもできず、
>なんとなく家の中を浮遊している感じです。
>正直に言うと、「別にいらない」
>でも、「ありがたい神聖なものだから”いらない”と言えない(捨てられない)」
>という二律背反を自分の中に感じます。
>神社仏閣グッズって、インテリアに馴染むものでもないですしね……。

>(中略)

>なんにせよ「モノの指定席を作ること」、これに尽きますね。
>モノが浮遊しているということは、そのモノが大事にされていないということと
>イコールと言っても過言ではないと思います。
>家の中に入れると決めたものなら、置き場所を決めて大事にする。
>そうでないものは、適切に処理。
>神様仏様が関わるものでも、常に判断の軸は自分に置かなくてはと思いました。
>大事なのはお札やお守りといったグッズそのものではないですしね。


引用した記事を書いた頃、私は、お札も捨てずに保管していました。
壁や冷蔵庫に貼ってみたりしたこともありました。
でも、落ち着かない。何か、しっくり来ない。


今の私は、お札が配られたら、すぐに資源ゴミとして処分しています。
信心深い人からしたらとんでもないと思われるかもしれませんが、
お札をどうやって扱えばいいか、自分を軸にして考えた時に、
私が一番幸せでいられる方法がそれなので。
自分で捨てるのはモヤモヤする、という人は
神社仏閣にお任せすればいいと思います。
神様仏様はおおらかなのでどこのお札でも返納させてくれますよ^^


14.jpg


私の信心はたぶん希薄なんでしょう。
でも、神様仏様を敬う気持ちが皆無なわけではないし、
お札が配られることによって
土地の神様に見守られていると感じるような、そういう感覚もないわけではありません。
ここまで書いてみて思いましたが、
自分が子どもの頃住んでいた地域に今も住んでいて、
しょっちゅう遊んだりお参りしたりして親しんでいた神社からお札が届いたならば、
もしかして私はお札を祀っていた「かも」しれません。
(あくまで「かも」ね^^;)


そういえば、 ■子どものおもちゃを捨てました■の記事で人形を捨てた時、
「供養はしますか?」と質問を頂きました。
私は供養しません。人形はそのままゴミとして捨てます。
やはり2012年ごろ、文字通りの「本気の片付け祭り」を始めた頃に、
クマのオルゴール人形から機械と布の部分を分別するため、
人形を切り裂いて分解して捨てたことがあって、
その時はものすごくいたたまれなかったです。
とってもささいな経験なのですが、
そういうことを味わいながらいろいろなものを手放してきたら
価値観もなんだか変わってきたみたいです。



★姉妹サイト 「こんなものを買った」 もぜひご覧ください。
最近アクセスの多かった記事↓↓↓
★品がよく存在感がある正月飾り クラフトハウスのガラスの鏡餅&中川政七商店の木の鏡餅


★他の断捨離ブログを見てみる♪

にほんブログ村


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/239-0dc077ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。