Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/243-a599cf3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■そのメガネが誰かの人生を変える! 中古眼鏡の寄付と使い捨てコンタクトのケースのリサイクル

家の中のものを処分するにあたって、
リサイクルは大事な手段の一つです。


私は子どもの頃に環境汚染やゴミ問題などを扱った雑誌を
よく読んで育ったせいか、
以前から環境問題やリサイクルに興味がありました。
再利用できる資源は極力「ただのごみ」として捨てたくありません。
だからごみの分別もかなりきちんとやっています。
そうしないと気持ち悪くて……。


まぁ、根っからの貧乏性というのもありますw


年末を控えて、お片づけをしている方も多いと思いますし、
ゴミ問題に関心のある方もいると思いますので、
私が自分の為に調べたリサイクル情報をいくつかご紹介したいと思います。
今回は「めがね」と「コンタクトレンズのケース」です。



≪メガネのリサイクル≫

contact.jpg

度が合わなくなったり、子どもが成長したりして買い替えるたびに
古いメガネは必要なくなってしまいます。
私も眼鏡を常用していますが、メガネは高価なものということもあり
(いろいろな理由で格安メガネは使っていません)
どうにも古くなったメガネも捨てにくい。
そこで調べたところ、発展途上国へ寄付する、リサイクルという方法がありました。
特に子どもの眼鏡が不足しているそうです。
レンズのないものも、メタル資源として
リサイクル活動を支える資金源になる
そうですよ。


ライオンズクラブの眼鏡リサイクル
”家の中に、使わなくなった眼鏡が眠っていませんか。
 その眼鏡が他の人の人生を変えるかもしれません。”


横浜東ライオンズクラブ
横浜駅タカシマヤ近くの三井住友信託銀行(横浜駅西口支店)に
リサイクルボックスが設置されています。


シーサイドビジョン上総一ノ宮 
代表の岡田さんは、ライオンズクラブの眼鏡リサイクル活動に感銘を受けて
眼鏡のリサイクルを始めたとのこと。
集められた眼鏡がどのような過程を経てリサイクルされていくのか、
岡田さんがそれを確認しに訪れた、オーストラリアのライオンズクラブ
(シーサイドビジョンに集められた眼鏡の送付先。
 ここを窓口に発展途上国へ送られていくそうです)での詳しいレポートもあります。


≪使い捨てコンタクトレンズのケースのリサイクル≫


contact2.jpg

使い捨てコンタクトのレンズケーの素材は
ペットボトルのフタと同じポリプロピレン
回収して再度プラスチック製品としてリサイクルし、
その売却益でポリオワクチンの為の寄付をする活動があります。
私もたまに使い捨てコンタクトを使うのですが、
ケースを捨てるのに疑問を持ったことがなかったので、
リサイクル活動があると知って驚きました。

一般社団法人タクトリサイクル

コンタクトレンズのケースのリサイクルを始めたのは、
上記「シーサイドビジョン」の岡田さん。
使い捨てコンタクトレンズを販売している彼女は、
友人のなにげく言った「毎日ゴミになるこの空のケースが、気になるんだけどね。」という言葉と、
環境・経済を専攻していた娘さんから教えられた「CSR」
 (Corporate Social Responsibility;企業の社会的責任。
 企業が事業活動において利益を優先するだけでなく、
 顧客・地域社会などとの関係を重視しながら果たす)
という、2つのキーワードをきっかけにケースのリサイクルを始めたそうです。
現在、その活動はタクトリサイクルに引き継がれています。
活動が広く普及することを願って、この情報をシェアさせていただきます^^
(※コンタクトケースの写真はタクトリサイクルのサイトからお借りしました。)


次の記事では「ランドセル」「ピアニカやリコーダー」「子どものおもちゃ」の
リサイクルについて書こうと思います♪



★姉妹サイト 「こんなものを買った」 もぜひご覧ください。
最新の記事↓↓↓
いろいろな楽器の音色を組み合わせて遊ぼう♪ 学研の知育玩具『魔法のオーケストラ』を買いました

★他の断捨離ブログを見てみる♪

にほんブログ村


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/243-a599cf3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。