Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/32-7f426784

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

書類の分別(7)未整理の書類/その1

リビングにあった書類ボックス。

010_R_20120407215523.jpg

我が家にはこういうプチ魔窟がいくつもあり、
うまく仕分けしきれない書類をこうして投げ入れてあります。
今回はこの中身を片付けます。



まず中身を全部出します。これ基本。

011_R_20120407215523.jpg

↑この写真の左側の方に、黄色いメッシュのポーチがあるのがわかりますか?
その中には2007年のレシートがぎっしり大量に入っていました。
全部まとめてサッサと捨てました。すっきりすっきり。






……というのはウソで、一枚一枚内容を確認しました。
うおお……。

013_R_20120407215521.jpg

すると……

016_R_20120407215604.jpg

贈答用のポチ袋に入った3000円分の図書カード、封がされたままの小さなご祝儀袋に入った1万円札1枚、
お米券6枚を発見!!
やっぱりね~。
なんか、これは中身を見ずに捨てちゃいけないぞと思ったんだよね~。
自分の行動パターンを把握できているがゆえの勘ですね。
どうも、お財布の中身をごっそり移してある感じだったので。

それと、私は、2007年の新潟中越沖地震の記憶がほとんどなく
(関東在住なのに揺れた覚えがない)
これまで不思議に思っていたのですが、
このポーチに入っていた、メールのプリントアウトを見て
地震の時、海外の親戚を訪ねており、日本にいなかったことがわかりました。
(メールは日本の親戚から海外の親戚へ宛てられたもので、地震を知らせる内容でした)
なるほど……。




014_R_20120407215606.jpg

ポーチは空になりました。これは処分します。
(疲れたので、ちらばっているレシートをカメラの画角から払いのける余裕なし)




こんなものもありました。
浅草・浅草寺のお正月の安産祈願のお札です。

012_R_20120407215522.jpg

確か、母がもらってきてくれたものです。次女の時だったような??
本来なら浅草寺にお礼参りをしてお焚き上げをしてもらうべきですが、ごめんなさい。
ゴミとして捨てます。
さすがに透明なゴミ袋の中に直接入れて捨てる勇気はなかったので(名前もばっちり書かれているし)
新聞紙にくるんで捨てました。



ついでにあちこちからお守りも引っ張り出してきて、お札と一緒に捨てました。

015_R_20120407215605.jpg

左から筑波山神社(2つ)、浅草寺、湯島天神、高崎神社のお守りです。
一番古いのは湯島天神のもので、大学受験の時に買いました。
(基本的にお守りは買わないので、自分で買ったのはこれ1つだけ)
当時は、パソコン通信の仲間と一緒によくオフ会をしていて
その年のお正月、私が受験生だというので、みんなで湯島天神に初詣に行きました。
当時遊んでもらった人たちは皆、20代の社会人で
学校の同年代の友達とは違った刺激があってとても楽しかったです。



書類ボックスに入っていた他のものは、
捨てたり、本来あるべき所へ移したり、バザー用の箱に入れたりして
書類ボックスは空になりました。

017_R_20120407215604.jpg


あ、今回は写真の色調整を忘れた……。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/32-7f426784

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。