Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/33-3ced60d4

トラックバック

コメント

[C76] >霜月さん

どうも、お久しぶりです。やっぱりファイルはかさばりますねえ……。
簡易製本のやり方、ありがとうございました。
これ、どこかで読んで、うっすらとは知っていた気がするのですが、
具体的にやってみようとは考えたことがなかったです。
簡単にばらせそうだし良さそうですね。
  • 2012-04-09 23:43
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C75] >コインさん

年賀状なんて所詮JPの陰謀ですよ。電車とかじゃオフピーク通勤とか言うくせに、脱原発とか言うくせに、みんな年賀状はやめないんですよ。激しく非オフピーク! 年賀状のためだけに雇うバイトの人件費とか、夜通し年賀状を仕分けするために使われる電気代とか、年賀状の配達にかかるガソリンとか、いや年賀状そのものに使用される紙資源とか、本当に必要なんですか。ねえ必要なんですか。「早めのご投函にご協力を」とか言うんなら、そもそも「年賀状のご購入は控えめに」って言えばいいんですよ。あー、悪乗りして書いていたら年賀状がますます嫌いになってきました(笑)。
  • 2012-04-09 23:40
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C72] 年賀状のファイリング

コメントが遅くなりましたが、年賀状はファイルを使うとかさばります!
我が家では簡易製本して本棚に入れてあります。
葉書をそろえて、同じ大きさにきった厚紙を表紙と裏表紙にして、サイドに梱包用テープを張ります。
テープの側を下にして、はがきの束をテープにぎゅ~と押しつけます。
そうすると簡易製本されます。
難点は経年劣化でテープの粘着力が落ちると葉書がバラバラと落ちること・・・。

これをやってから、1年分のやり取りでも薄い文庫本1冊程度なので、省スペースです。ファイルを買う必要もなく、家にある紙とテープでできます

[C71]

友人のグラフィック・デザイナーで数年前から、年賀状をやめた人がいます。毎年、くる年賀状が少しづつ減っていくそうです。僕も義理の年賀状はほとんどやめました。それでも120枚ぐらいになってしまうのですよ。去年は、珍しく早めに済ませたので、年始はゆっくりとできました。それでも、出し忘れってあるんですね。1月10日ぐらいに出したものもあります。思うのですが、年賀状とは正月に出すものでしょうが。それをJPの陰謀によって、早く出すように強要される。こんなんでいいんですかね?僕は小心者なので、やめられませんが(苦笑)。
  • 2012-04-09 10:26
  • ガス欠コイン
  • URL
  • 編集

[C70] >seraさん

いつもコメントありがとうございます。

おおっ……seraさんは、年賀状、おやめになったんですね!
私も毎年、やめたいな、やめようかなと思っているのですが
結局踏み切れていません。
やめてよかったというお話を聞くと、かなり惹かれます……。
ホント、年末年始、年賀状やらなくちゃ、という思いに
どうしてあんなに追い詰められなくてはいけないんでしょうか(-△-)
(ギリギリまでやらない自分の性格によるところ大ですが)
とりあえず、今年の年賀状は、例年ほどの負担を感じずに送れたので
来年も同じスタイルで送ってみようと思っていますが
(あと、近々引っ越しで住所が変わるので、そのお知らせの必要もあります)
「年賀状自体をやめる」という選択肢は常に持っていようと思います。
参考になるお話、ありがとうございました。
  • 2012-04-08 18:04
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C69] >a・nemone さん

はじめまして! コメントありがとうございます。
とても嬉しいです♪

コメントのない年賀状、届かない年賀状、遅れて届く年賀状……
私は今もそういうものが気になってしまっています。
新しく知り合った人から年賀状をもらうと、嬉しいんですけど、
同時に、いずれ送り合わなくなる時のことを考えてしまったり。
書いていて気づきましたが……なんかちょっとこれ、変ですね。
気にしすぎなのかも。

a・nemoneさんのおっしゃるように、
年に一度、簡単な年賀状であっても、送り合うことで
お互いに思いをはせたり、昔のことを思い出してみたり……
確かにそれも悪くないですね。
  • 2012-04-08 17:45
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C68]

私は実は数年前から「年賀状という制度」を廃止しました^^;
毎年くれる方には事前にその旨連絡して周囲の理解を得たので辞めちゃいました。連絡もれで来た人には再度連絡したり。
元々、職場関係は年賀状は「数日正月会わないだけだし、年賀状とかいっか☆」ってゆるい職場だったこともあり送っていませんでした。会社顧客は会社が送ってて個人として送ることはないので。
今はメールで挨拶もできるし、仲良い友人は新年会するのであまり不都合は感じていません。
めったに会わない、疎遠になった友人・知人はいましたが、年賀状でかすかに繋がっているよりフェードアウトでいいかなと(爆
最初の数年は無いことに物足りなさも感じたりもしましたが、今は年末年始慌てて年賀状を書いたりせずゆったり過ごせることができて幸せです★ 
  • 2012-04-08 17:23
  • sera
  • URL
  • 編集

[C67] Re: 年賀状の処分方法について

>ななしさん

郵便物処分のアイディアありがとうございます。
自分も、手紙や年賀状は差出人に返したら喜んでもらえるかな、と考えたことがあるのですが、自分が実際に返してもらったら……と思うと、昔の自分が書いたものは気恥ずかしいのでどちらかというと見たくないので(あと返すまで保管する手間もありますし)、返さないことにしようという結論になりしました。ただ、年賀状の整理をして、使っていないはがきがたくさん出てきたので、久しぶりに友達にはがきを書いてみたいな、という気持ちにはなりましたね。書いてみようと思います。
亡くなったお友達のお手紙、娘さんに喜んでもらえそうでいいですね。
  • 2012-04-08 10:06
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C66] はじめまして

こんにちは。初めましてでしょうか。
片付けの様子と、丁寧な文章に、更新を楽しみに、おじゃましていました。

最近は以前より疎遠になった方から、なにもコメントがない年賀状が届くのが、さみしくなっていました。
家族の写真ものを最近は作っていますが、ずっと会えない方に、年に一度のあいさつになっているようです。
子供の頃は、あの人から届かなかったとか、ずっと遅れて届いたとか^^;、些細なことが気になったりして、あまり好きじゃなかったのですが、大人になって、年に一度だけど、その方のこと、先方には私のこと を考えるきっかけになるので、それもいいものかも、という気持ちになっています。

以前より、ネットで絵を選んで、賀状ソフトで住所管理して、プリンターで印刷。
制作に対する気持ちの入り方は、かなり減りましたけどね。

[C65] >トモコさん

なるほど~。
私も仕事をしていないので、その手のしがらみがあるわけではないのです……。枚数も30~40枚です(でもこれは私にとっては多すぎるのかもしれません)。基本的に、年賀用は自分のやりとりしたい人としか送りあっていないはずなんですよね。
ただ、年賀状の返事が来なくなるのがとても気になってしまったり、自分がこれまで送った人に送らないと決めたりするのがとても苦手だったりするので、苦痛になってしまうのかもしれません。もっと気楽に考えて、トモコさんのように年賀状を楽しめるようになりたいなあと思いました。
  • 2012-04-08 09:58
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C61] 年賀状の処分方法について

手紙や年賀状は物によっては廃棄処分する前に差出人に返すというのはいかが。子供が出した年賀状を親戚から返して貰ったことあります。
記念写真等も捨てずに関係者に返すという選択肢が有っても良いと思います。亡くなった友人の手紙類は折を見て娘さんに送ろうと思っています。
  • 2012-04-08 07:13
  • ななし
  • URL
  • 編集

[C60] 大義名分、といったところでしょうか

私は逆に、年賀状って好きなのですよ。
というのも、若い頃は、別に特別な用がなくても、
誰にでもいつでも気軽に連絡できていた気がするのですが、
年をとるにつれ(というより、自分も周りも家庭を持つようになってからは)、
なかなか以前のようにはいかないと感じていて。
忙しいだろうに用もないのに連絡したら迷惑かな、
とかいろいろ考えすぎちゃうんでしょうね。
なのでわたしは、年賀状とは一年に一度、
普段は連絡を取りづらい人にも近況を伝えあうことができる、絶好の機会と捉えて、
毎年送るのも頂くのも楽しみにしているというわけなのです。
わたし自身は仕事をしていないこともあって、
義理で送り合う年賀状がほとんどない、というのもあるでしょうね。
みなみさんのように、決して少なくない数の義理のやりとりがあったなら・・・
その時は私も年賀状嫌いになるかもしれません。
  • 2012-04-08 00:53
  • トモコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

書類の分別(8)年賀状/私が年賀状を嫌いになった理由

我が家の年賀状。

002_R_20120407215440.jpg

はがき用のポケットファイルに入っています。
1冊につき1年分です。
ポケットファイルは夫がまとめ買いしてきたものです。
1つのファイルの中に、夫あての年賀状と、私あての年賀状が混ざっており
何かと不便で、これはどうにかしなければ……と、ずっと思っていました。
ちなみに、右上の青のファイルだけは、私が昔買ったもので、
私が学生の時に受け取った年賀状・手紙・はがきが入っています。




とりあえず、夫の年賀状と私の年賀状を分け、
夫の年賀状はファイルにしまい、年ごとにタックシールをつけました。
(本当は、いらないものは抜き出して捨ててもらいたいのですが、
 絶対嫌がると思うので、夫には何も言っていません)
これまで、1つのポケットに1枚ずつしか入れていなかったのを
2枚入れるようにしたので、1つのファイルに5年分が収納できました。
こんな感じです。

004_R_20120407215439.jpg



こちらは私の分。
最新2年分の年賀状は、DMを除き、すべて取っておくことにして、
それ以前の年賀状を分別しました。
手紙は中身を見ずに全捨て!
年賀状以外のはがきも、ざっと目を通して、全捨てしました。

006_R_20120407224513.jpg



残す年賀状は、内容をそれぞれはがきサイズのカードに書き、輪ゴムで束ねました。
写真をクリックすると拡大します。(モザイクで消してあるのは私の名前です)

008_R_20120407224455.jpg



そして、束ねた年賀状は、専用の箱へ。
箱は、郵便局でもらったものです。
うっかり写真を削除してしまいましたが、年賀状の量は
5センチほどの厚さのこの箱に、ちょうど過不足なくぴったりでした。
私は、年賀状をファイルに入れる必要は感じないので、これで十分ですね。
ただ、デザインはいまいちなので、紙や布など貼るといいかもしれません。
(でも面倒なので多分やらないw)
年賀状は、常に、この箱の中に収まる分だけをキープするようにしようと決めました。
(できるかな……)



片付けの結果、年賀状はこのようになりました。

009_R_20120407224542.jpg

保管するもの;
・水色のファイル(夫/2006~2010年)
・ピンクのファイル(夫/2011年~)
・箱(自分)

空になったファイル;7冊
・夫が買ったファイル6冊(うち4冊未使用)→保管
・自分が買った青いファイル→捨て

夫が買ったファイル、多すぎると思うので捨てたいのですが
(夫の年賀状は、ファイル1冊に5年分入ると単純に計算すると、
 空ファイル6冊×5年+ピンクのファイル残り3年、合計であと33年イケるはず(苦笑))
それを言うと、多分夫は気を悪くするので、とりあえずこのまま置いておきます。
家が建ったら、夫の書斎に収納してもらおうっと(笑)





さてさて、具体的な片付けのレポートが長くなりましたが、
今回、私が本当に書きたいことはこれからです。

年賀状を片付けるにあたり、ざっとではありますが、一枚一枚の年賀状に目を通しました。
年賀状って、自分を映す鏡のようですね。
その時、その時に、どんな人と付き合いがあったか、
その人とどんな関係を築いていたか、お互いの共通項は何だったのか、
そういうものが、自分に宛てられた年賀状の一枚一枚に凝縮されているように思えます。
この人からこんな年賀状をもらっていたんだ……と思ったものも多々あって、
たくさんの人からたくさんの言葉と気持ちをもらっていたのだなと思いました。

余談ですが、学生の時、当時仲の良かった男友達から
ヘタウマなのか本当に下手なのかわからない変な絵と
「○○(私の苗字)、お前は首を吊って死ね」というコメントが書かれた年賀状をもらったことがありました。
本当に変わった奴だったのと、彼は私(と私と彼の共通の友達の女の子)のことが大大大好きだったので
(と、私が言うのも変ですが、本当にそうみたいでした。友達としてよく3人でつるんでいましたが
 私と彼女には一切彼に対する恋愛感情はなく……)
まあ何かのジョークのつもりか、もしくは何らかの鬱屈の表現なんだろうと思って、
その時は別に気にしませんでしたが(そんな私も変人だった)、
数年たってその年賀状を見て、「なんだこりゃ!」と衝撃を受けました。
その年賀状、今回見たらなかったような気がするんですよね……。
「なんだこりゃ!」と思った時に捨てたのか、それとも今回、それと気づかずに捨ててしまったのか。
よくわかりません。

あ、それと、これは夫宛ての年賀状でしたが、
昨年別れてしまったご夫婦がいて(私もそのご夫婦とは知り合い)、
そのお家からの年賀状は、数年前は家族で撮った写真が載せられていたのに
そのうち子供のだけ写真だけになり、2年ほどそれが続いた後に
ここ2~3年は年賀状そのものが届いていない、ということに気づいて
ああ~……という気持ちになりました。

そうそう、友達の結婚式の写真が載っている年賀状は
みんな取っておきました。
自分が呼ばれた結婚式なら別に写真がありますが
そうでないものは何もないので。
でも友達の晴れ姿を見るのは嬉しいので
今度、結婚式の年賀状だけを集めてファイリングしてみようかと思います。





ちょっと話が脱線しました。
閑話休題。



中学、高校あたりに友達からもらった年賀状を見ると
みんな、書いてある文章がすごいんですよ。
基本的に話し言葉で書いてあるのですが、それがもう字面(筆跡)も音の並びも流れるようで、
リズムよく、テンポよく、言葉が歌っているような、踊っているような。
ほとんど音楽的なんです。
書いてあることは本当にくだらないことなのですが
(たとえば「冬休みの宿題やった? 私はまだやってないよ」とか)、
それぞれのコメントにそれぞれのリズムと世界がありました。
これは多分、書き手が乗って書いているからでは……と思いました。
何の義理もしがらみもなく、ただ、その時のクラスや部活で仲のいい子とだけ
交換していた年賀状。
普段のおしゃべりと同じ感覚で書かれた年賀状。

私はここ数年、年賀状を出すのが苦痛でたまりませんでした。
子供が生まれてから、年々、年賀状に対するやる気がなくなっていき
(でも一枚一枚コメントだけは絶対に手書きしないと気がすまないので、それで余計に苦痛)、
年賀状のデザインもどんどんお粗末になっていき、
毎年載せている家族写真に至っては、敢えて小さく、画質も悪くしてきたほどでした。
今年(2012年)は、意外にも、自分にとって負担が少なく、
楽しく作れる年賀状のスタイルを見つけられたので、年賀状嫌いも少しましでしたが……。
(ちなみに、写真や凝ったデザインは一切なくし、印刷もスミ一色。
 イラスト・コメントなどすべて手書きしてPCでコピーです。色も塗りません)

でも、昔は年賀状のやりとりが好きでした。
20歳くらいのころ、友達が「年賀状なんていう習慣はなくなったらいいのに」と
言うのを聞いて、私は全く同意できませんでした。
(その時私は学生でしたが、友達はフルタイムで働きながら学生もしていたので
 そのせいで感覚が違ったのかもしれません)
それくらい年賀状が好きだった私がどうして嫌いになってしまったのか、
昔の年賀状を見てその答えがわかった気がします。

自分が義理で出す年賀状があるのと同じように
これは義理で出されたんだなとはっきりわかる年賀状もたくさん届くからです。
自分とは生活も家族構成も価値観も健康状態も異なる大人たち(つまりすべての友人知人)に
自分の年賀状はどう思われるのかと、無意識のうちに気になるからです。

今はもう大人になってしまって、この世には存在しない
10代だった友達、たくさんの友達がくれた、
芸術的なまでにいきいきとした年賀状の数々が
私にそれを教えてくれました。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/33-3ced60d4

トラックバック

コメント

[C76] >霜月さん

どうも、お久しぶりです。やっぱりファイルはかさばりますねえ……。
簡易製本のやり方、ありがとうございました。
これ、どこかで読んで、うっすらとは知っていた気がするのですが、
具体的にやってみようとは考えたことがなかったです。
簡単にばらせそうだし良さそうですね。
  • 2012-04-09 23:43
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C75] >コインさん

年賀状なんて所詮JPの陰謀ですよ。電車とかじゃオフピーク通勤とか言うくせに、脱原発とか言うくせに、みんな年賀状はやめないんですよ。激しく非オフピーク! 年賀状のためだけに雇うバイトの人件費とか、夜通し年賀状を仕分けするために使われる電気代とか、年賀状の配達にかかるガソリンとか、いや年賀状そのものに使用される紙資源とか、本当に必要なんですか。ねえ必要なんですか。「早めのご投函にご協力を」とか言うんなら、そもそも「年賀状のご購入は控えめに」って言えばいいんですよ。あー、悪乗りして書いていたら年賀状がますます嫌いになってきました(笑)。
  • 2012-04-09 23:40
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C72] 年賀状のファイリング

コメントが遅くなりましたが、年賀状はファイルを使うとかさばります!
我が家では簡易製本して本棚に入れてあります。
葉書をそろえて、同じ大きさにきった厚紙を表紙と裏表紙にして、サイドに梱包用テープを張ります。
テープの側を下にして、はがきの束をテープにぎゅ~と押しつけます。
そうすると簡易製本されます。
難点は経年劣化でテープの粘着力が落ちると葉書がバラバラと落ちること・・・。

これをやってから、1年分のやり取りでも薄い文庫本1冊程度なので、省スペースです。ファイルを買う必要もなく、家にある紙とテープでできます

[C71]

友人のグラフィック・デザイナーで数年前から、年賀状をやめた人がいます。毎年、くる年賀状が少しづつ減っていくそうです。僕も義理の年賀状はほとんどやめました。それでも120枚ぐらいになってしまうのですよ。去年は、珍しく早めに済ませたので、年始はゆっくりとできました。それでも、出し忘れってあるんですね。1月10日ぐらいに出したものもあります。思うのですが、年賀状とは正月に出すものでしょうが。それをJPの陰謀によって、早く出すように強要される。こんなんでいいんですかね?僕は小心者なので、やめられませんが(苦笑)。
  • 2012-04-09 10:26
  • ガス欠コイン
  • URL
  • 編集

[C70] >seraさん

いつもコメントありがとうございます。

おおっ……seraさんは、年賀状、おやめになったんですね!
私も毎年、やめたいな、やめようかなと思っているのですが
結局踏み切れていません。
やめてよかったというお話を聞くと、かなり惹かれます……。
ホント、年末年始、年賀状やらなくちゃ、という思いに
どうしてあんなに追い詰められなくてはいけないんでしょうか(-△-)
(ギリギリまでやらない自分の性格によるところ大ですが)
とりあえず、今年の年賀状は、例年ほどの負担を感じずに送れたので
来年も同じスタイルで送ってみようと思っていますが
(あと、近々引っ越しで住所が変わるので、そのお知らせの必要もあります)
「年賀状自体をやめる」という選択肢は常に持っていようと思います。
参考になるお話、ありがとうございました。
  • 2012-04-08 18:04
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C69] >a・nemone さん

はじめまして! コメントありがとうございます。
とても嬉しいです♪

コメントのない年賀状、届かない年賀状、遅れて届く年賀状……
私は今もそういうものが気になってしまっています。
新しく知り合った人から年賀状をもらうと、嬉しいんですけど、
同時に、いずれ送り合わなくなる時のことを考えてしまったり。
書いていて気づきましたが……なんかちょっとこれ、変ですね。
気にしすぎなのかも。

a・nemoneさんのおっしゃるように、
年に一度、簡単な年賀状であっても、送り合うことで
お互いに思いをはせたり、昔のことを思い出してみたり……
確かにそれも悪くないですね。
  • 2012-04-08 17:45
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C68]

私は実は数年前から「年賀状という制度」を廃止しました^^;
毎年くれる方には事前にその旨連絡して周囲の理解を得たので辞めちゃいました。連絡もれで来た人には再度連絡したり。
元々、職場関係は年賀状は「数日正月会わないだけだし、年賀状とかいっか☆」ってゆるい職場だったこともあり送っていませんでした。会社顧客は会社が送ってて個人として送ることはないので。
今はメールで挨拶もできるし、仲良い友人は新年会するのであまり不都合は感じていません。
めったに会わない、疎遠になった友人・知人はいましたが、年賀状でかすかに繋がっているよりフェードアウトでいいかなと(爆
最初の数年は無いことに物足りなさも感じたりもしましたが、今は年末年始慌てて年賀状を書いたりせずゆったり過ごせることができて幸せです★ 
  • 2012-04-08 17:23
  • sera
  • URL
  • 編集

[C67] Re: 年賀状の処分方法について

>ななしさん

郵便物処分のアイディアありがとうございます。
自分も、手紙や年賀状は差出人に返したら喜んでもらえるかな、と考えたことがあるのですが、自分が実際に返してもらったら……と思うと、昔の自分が書いたものは気恥ずかしいのでどちらかというと見たくないので(あと返すまで保管する手間もありますし)、返さないことにしようという結論になりしました。ただ、年賀状の整理をして、使っていないはがきがたくさん出てきたので、久しぶりに友達にはがきを書いてみたいな、という気持ちにはなりましたね。書いてみようと思います。
亡くなったお友達のお手紙、娘さんに喜んでもらえそうでいいですね。
  • 2012-04-08 10:06
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C66] はじめまして

こんにちは。初めましてでしょうか。
片付けの様子と、丁寧な文章に、更新を楽しみに、おじゃましていました。

最近は以前より疎遠になった方から、なにもコメントがない年賀状が届くのが、さみしくなっていました。
家族の写真ものを最近は作っていますが、ずっと会えない方に、年に一度のあいさつになっているようです。
子供の頃は、あの人から届かなかったとか、ずっと遅れて届いたとか^^;、些細なことが気になったりして、あまり好きじゃなかったのですが、大人になって、年に一度だけど、その方のこと、先方には私のこと を考えるきっかけになるので、それもいいものかも、という気持ちになっています。

以前より、ネットで絵を選んで、賀状ソフトで住所管理して、プリンターで印刷。
制作に対する気持ちの入り方は、かなり減りましたけどね。

[C65] >トモコさん

なるほど~。
私も仕事をしていないので、その手のしがらみがあるわけではないのです……。枚数も30~40枚です(でもこれは私にとっては多すぎるのかもしれません)。基本的に、年賀用は自分のやりとりしたい人としか送りあっていないはずなんですよね。
ただ、年賀状の返事が来なくなるのがとても気になってしまったり、自分がこれまで送った人に送らないと決めたりするのがとても苦手だったりするので、苦痛になってしまうのかもしれません。もっと気楽に考えて、トモコさんのように年賀状を楽しめるようになりたいなあと思いました。
  • 2012-04-08 09:58
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C61] 年賀状の処分方法について

手紙や年賀状は物によっては廃棄処分する前に差出人に返すというのはいかが。子供が出した年賀状を親戚から返して貰ったことあります。
記念写真等も捨てずに関係者に返すという選択肢が有っても良いと思います。亡くなった友人の手紙類は折を見て娘さんに送ろうと思っています。
  • 2012-04-08 07:13
  • ななし
  • URL
  • 編集

[C60] 大義名分、といったところでしょうか

私は逆に、年賀状って好きなのですよ。
というのも、若い頃は、別に特別な用がなくても、
誰にでもいつでも気軽に連絡できていた気がするのですが、
年をとるにつれ(というより、自分も周りも家庭を持つようになってからは)、
なかなか以前のようにはいかないと感じていて。
忙しいだろうに用もないのに連絡したら迷惑かな、
とかいろいろ考えすぎちゃうんでしょうね。
なのでわたしは、年賀状とは一年に一度、
普段は連絡を取りづらい人にも近況を伝えあうことができる、絶好の機会と捉えて、
毎年送るのも頂くのも楽しみにしているというわけなのです。
わたし自身は仕事をしていないこともあって、
義理で送り合う年賀状がほとんどない、というのもあるでしょうね。
みなみさんのように、決して少なくない数の義理のやりとりがあったなら・・・
その時は私も年賀状嫌いになるかもしれません。
  • 2012-04-08 00:53
  • トモコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。