Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/4-37c5645b

トラックバック

コメント

[C10] ありがとうございます。

>萩さん

楽しみに待ってます。
ブームの前に、ってのはこだわりますよね。
私もこだわりますよ。(韓国の俳優好きになったのは韓流ブームの前、とか)

書き込みそのままでもいいですよ(笑)
逆に興味あるし(笑)
もう消しちゃったかな?
  • 2012-03-15 00:39
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C9] 今本棚から出しました

この本手にとったの何年振り?
2000年に買ってました。
ベストセラーになる前です。と言って
しえろちゃんに「そこ拘り?」と笑われたことあります。

ぱらぱらとめくったら、鉛筆で書き込みがあった(^^;
消せますが、どうしましょ(笑)。←笑わないで消しなさい!

並んで「いごこちのいい家にすむ」という
同じく辰巳渚の、本もあったので、
これも送りますね。
(この本の内容はすっかり忘れてます・・・)

しばしお待ちを~♪
  • 2012-03-14 19:31
  • URL
  • 編集

[C8] Re: 送ります

>萩さん

ええええー! ありがとうございます。有難く頂きます。
お礼にこちらの美味しい銘菓を送るので、楽しみにしていてください。
萩さんの転機になった本なんですね!
かなり期待してます。
  • 2012-03-14 18:01
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C7] 送ります

「捨てる技術」
もう読みかえすことも無いので送りますね。

思えば、片付けという単語が捨てるに取って代ったのは
この本以降で、彼女が最初に「捨てる」を打ち出しました。
はい、片付け整理本を数十年網羅し続けた私が言うので
間違いは無いかとおもいますヨ。
まるで真似たように(実際真似たと思う)捨て本が急増~。

で、私と言えばこの本以降(自分のADD診断時期とも重なり)
片付け関係の本や雑誌は激減しました。
目指すは、ゴミも出ない貧乏です(笑)。

[C6] Re: ブログ開始ですね

>萩さん

はい、ブログ開始です。なんかいきいきしてるでしょ(笑)。

萩さん、いろいろと本を網羅してますね!
辰巳渚さんの本、「捨てる!生活」だけ持ってます。今回処分する本の中に入れましたが。
ベストセラーになった「捨てる!技術」が前からとても気になってます。
でも、近所の本屋には売っていなくて。
中身を見てから買うかどうか考えたくて、ずっと足踏み状態です。
内容どうですか? 今からでも買う価値あるかなあ。

こんまりさんの本は、一冊手元にあったら指南書として便利かなと思うのですが
内容は大体頭に入れたので買わなくてもいいかな……と考えているところです。
  • 2012-03-14 16:12
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C3] ブログ開始ですね

コンマリさんの本、先日下の娘が買ってきてました。
あら、ウチにあったのに。というと「どこに?」と返されました。
探さなければ出てこないのは無いとの同じと突っ込まれ...orz

判断基準、何にするのかは本当にそれぞれかと思います。
私は「見ないで捨てる」「今すぐ捨てる」(辰巳渚「捨てる技術」)で目が覚めました。
いつか使う、でいつかが来た時があっても
その時に探せたことが無かった経験数えきれず(苦笑)。

・・・頑張ってね~。




コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ときめきで判断することの難しさ

片付け祭りを始めて2日。衣類の分別がほぼ終わりました。
ここで私は大事なことに気付いたのです。
こんまりさんの「片づけの魔法」の、ものを分別する判断基準は、
「自分がときめきを感じるものだけを残す。ときめきを感じないものは捨てる」です。
しかし私は、その基準に沿った判断をまったくしていない! 

ものを分別しようとすると、
また使うかも……
高かったから……
思い出があるから……
あの人がせっかくくれたものだから……
といった、いろいろな雑念、というか雑思考が、頭をよぎって
「ときめくかどうか」という、本来理想とする、シンプルな判断基準が
まったくというほど、意識できなくなっていしまいます。
それはなぜか?

私は、「ときめくかどうか」で判断するのが怖いようです。
例をあげると、私は、洋服については、本当にどうでもいいものばかり持っています。
今のところ、服は単なる消耗品と割り切っています。
本当に、心から気に入っているものはほんの3~4着くらいしかないかもしれません。
後は全部捨ててもいいものです。
でもそれを「ときめかない」と正直に判断し、捨ててしまったらどうなるか。
リアルに着る物がありません。
怖いです。

こうして書いていてだんだん分かってきました。
私は物を捨てることが怖いです。
極端に物を捨てられない親の住む汚屋敷を脱出してから17年、
私自身も物を捨てられるようだいぶ自己改造してきましたが
それでもまだまだ怖いのです。
それは多分、変化に対する恐怖心だと思います。
物を捨てたら不便になってしまうのではないか、損をするのではないか、
物にまつわる思い出もなくなってしまうのではないか、など。
(物がなくなっても思い出は残るなんていろいろな片付け本に書いてありますが、
 それはウソというか、少なくとも真実ではないと思います)

私は、そういう怖さを我慢してまで物を捨てる必要はないと思います。
怖いものは怖いと認めればいい。
それでやっぱり捨てたくなかったら捨てなければいいだけです。
だって全部、私の持ち物(もしくは私が管理を任されている物)なんだから。

私がこれからやるべきことは、
「ときめかないと判断したものは捨てなければいけない」
という自分の中の思い込みを排除し、
「ときめく・ときめかない」「捨てる・捨てない」という2つの判断を
とりあえず別のものとして扱うことです。
「ときめかなかった物でも、もし捨てたくなかったら、捨てなくてもいいんだよ」
そう自分に言い聞かせて、自分を安心させてからでないと、
落ち着いて「ときめく・ときめかない」という基準による判断ができないみたいです。
(めんどくさ~)

まずは、自分の持ち物の中のどれに自分はときめいて、どれにときめかないのか。
それをはっきりさせようと思います。
自分の、理性ではなく、心の声に耳を傾けて、丁寧に物と対話をしてみようと思います。
すでに分別し終わった衣類も、この観点に基づいて、後でもう一度分別し直すことになりそうです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/4-37c5645b

トラックバック

コメント

[C10] ありがとうございます。

>萩さん

楽しみに待ってます。
ブームの前に、ってのはこだわりますよね。
私もこだわりますよ。(韓国の俳優好きになったのは韓流ブームの前、とか)

書き込みそのままでもいいですよ(笑)
逆に興味あるし(笑)
もう消しちゃったかな?
  • 2012-03-15 00:39
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C9] 今本棚から出しました

この本手にとったの何年振り?
2000年に買ってました。
ベストセラーになる前です。と言って
しえろちゃんに「そこ拘り?」と笑われたことあります。

ぱらぱらとめくったら、鉛筆で書き込みがあった(^^;
消せますが、どうしましょ(笑)。←笑わないで消しなさい!

並んで「いごこちのいい家にすむ」という
同じく辰巳渚の、本もあったので、
これも送りますね。
(この本の内容はすっかり忘れてます・・・)

しばしお待ちを~♪
  • 2012-03-14 19:31
  • URL
  • 編集

[C8] Re: 送ります

>萩さん

ええええー! ありがとうございます。有難く頂きます。
お礼にこちらの美味しい銘菓を送るので、楽しみにしていてください。
萩さんの転機になった本なんですね!
かなり期待してます。
  • 2012-03-14 18:01
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C7] 送ります

「捨てる技術」
もう読みかえすことも無いので送りますね。

思えば、片付けという単語が捨てるに取って代ったのは
この本以降で、彼女が最初に「捨てる」を打ち出しました。
はい、片付け整理本を数十年網羅し続けた私が言うので
間違いは無いかとおもいますヨ。
まるで真似たように(実際真似たと思う)捨て本が急増~。

で、私と言えばこの本以降(自分のADD診断時期とも重なり)
片付け関係の本や雑誌は激減しました。
目指すは、ゴミも出ない貧乏です(笑)。

[C6] Re: ブログ開始ですね

>萩さん

はい、ブログ開始です。なんかいきいきしてるでしょ(笑)。

萩さん、いろいろと本を網羅してますね!
辰巳渚さんの本、「捨てる!生活」だけ持ってます。今回処分する本の中に入れましたが。
ベストセラーになった「捨てる!技術」が前からとても気になってます。
でも、近所の本屋には売っていなくて。
中身を見てから買うかどうか考えたくて、ずっと足踏み状態です。
内容どうですか? 今からでも買う価値あるかなあ。

こんまりさんの本は、一冊手元にあったら指南書として便利かなと思うのですが
内容は大体頭に入れたので買わなくてもいいかな……と考えているところです。
  • 2012-03-14 16:12
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C3] ブログ開始ですね

コンマリさんの本、先日下の娘が買ってきてました。
あら、ウチにあったのに。というと「どこに?」と返されました。
探さなければ出てこないのは無いとの同じと突っ込まれ...orz

判断基準、何にするのかは本当にそれぞれかと思います。
私は「見ないで捨てる」「今すぐ捨てる」(辰巳渚「捨てる技術」)で目が覚めました。
いつか使う、でいつかが来た時があっても
その時に探せたことが無かった経験数えきれず(苦笑)。

・・・頑張ってね~。




コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。