Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/6-0dbc6d91

トラックバック

コメント

[C5] Re: 本は捨てられません・・・

>トモコさん

本好きだと本当にどんどん増えちゃいますよね。昔、友達に本好きが多かったので、そのうち床が抜けるんじゃないかって家やアパート、いろいろ見てきました(笑)。うちはそこまでではないですが、それでも油断しているとやっぱりどんどん増えます……。
うちはダンナが本を処分するのが好きじゃないみたいで、どう見てもたいして大切そうでない本も処分しようとしません。でもやっぱり、どうしてもスペースには限りがあるので、ちょっと意識を変えてもらえたらなぁと思ってます(^_^;)
私自身も本は好きなので、ついつい本棚って聖域化しがちなのですが、ちょっと気を引き締めて整理したいですね。
  • 2012-03-14 16:05
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C4] 本は捨てられません・・・

本の収納は、私が頭を悩ませている問題の一つです。我が家は引っ越しが多かったので、割と無駄なモノはないつもりなのですが、どうしても捨てられないのが本なのですよ。今更読みもしないドイツ語の小説とか、使う予定もない辞典とか、積読本とか、もうたっぷり(笑)。でも、ときめくかときめかないかで分けるなら、やっぱりときめくので、まあいいのかなと、そこだけは諦めてます。

その代り、一回読むだけになりがちな小説とか雑誌とかは、極力図書館を利用するようにしてます。無類の本好きなので、全部買っていたら、置き場にも金銭的にも困りますから。

いや、それにしてもやっぱりうちは量が多すぎかな。みなみさんちの比ではないかも。これを機に少し見直してみることにします!
  • 2012-03-14 14:15
  • トモコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

本の分別(1)実用書

片付け祭り3日目。
本の分別に着手しました。
衣類は簡単に分別できましたが、本は始める前から強敵感ばりばりです。

012_R.jpg

まずは、本棚から自分の本だけ抜き出して、机に並べてみました。
思った以上にたくさんありました。恐ろしい!
バッグの時もそうでしたが、こんまりさん推奨の
「全部のものを棚から出して総量を把握する」、
このやり方の威力を実感しました。
自分の想像と現実にギャップがあるのがはっきりわかります。



角度を変えて見てみました。

013_R.jpg

016_R.jpg

どこから見てもたっぷり(笑)
ちなみにダンナの本は、確実にこの数倍あります。orz
夫婦合わせて、本は大きな本棚2つ分(スライドタイプで奥と手前に置けるので
実際は3つ分くらい)あり、最近はさらにそこから溢れて出ています。
もう限界。


さて、本を机に並べる時、カテゴリー別に分けました。

012a_R.jpg

ピンク……漫画
青…………友達から借りている本
黄緑………読み物
黄色………友の会で使う本(会の教科書のような存在)
水色………実用書

うっかり線で囲むのを忘れましたが、写真の水色のカテゴリーの中の、
左側にある小さな山は、「観賞用」の本です。(写真集・画集など)
自分の本の量にショックを受けつつ、
とりあえず友達から借りている本を取り除いてみました。
ちょっと減った!(笑)↓

015_R.jpg

それらの本は紙袋へ。
そろそろ持ち主のところに帰りたいよね……。
「人生がときめく片付けの魔法」も、手前の赤い袋の中に入ってます(笑)
その一冊だけは、ちょうど、持ち主の友達が家に来てくれたので、
返すことができました。

014_R.jpg




次、いよいよ分別。
こんまりさんのおすすめは読み物からですが、ちょっと試してみたら
かなり難易度が高かったので、簡単そうな実用書(&友の会の本)から始めてみました。
この本はときめくかな? そう自分に聞きながら……。
しかし、単純に「ときめく・ときめかない」で2分するのは難しかった。
できるだけ自分の心に正直に分けてみたら、5つの山になりました。

017_R.jpg

1……ときめく本
2……あんまりときめかないような気がするけど、捨てるのはためらわれる本
3……母にもらって読んでいない本
4……ときめかない本
5……ときめかないけれど必要な本(友の会の本・広辞苑など)



1の、明らかにときめく本。
たったの5冊くらいしかありませんでした。(!)

2は……まあ保留ですね。無理せず、保留もOKとします。

問題は3。
うちには母がくれた本が何冊もあります。
これがまた結構どれも勉強になりそうな本で、
でも自分の興味とはちょっとずれていたりすると、
結局読まないまま本棚の肥やしと化しています。
興味のある本はさっと読んでさっと返してしまうんですけどね。
ずっとうちにある本も、実家に返してもいいのだけれど、
あのブラックホールのような汚屋敷に返すとなると
本の一冊二冊と言えど、確実に実家の汚屋敷度をUPさせるし
将来、母が死んだ時に片付けるのは、結局この私……?
(母は絶対に本を処分しません)
と思ってしまい、それもなかなか思い切れません。
今更返すより、どうせなら自分が処分した方がいいのではと思うのです。
母からもらった本……、有難いけど、その分、頭がけっこう痛いです。

4は、はっきり、きっぱりと「ときめかない本」。
たくさんありました。
これから処分の仕方を考えます。(友の会のセール、古本屋など)
それぞれの本に合った行き先に処分できたらいいな。
学生の時に使っていた英和辞書はもう捨てることにしました。

5は、「ときめかないけれど必要な本」。
広辞苑と友の会の本です。
えっ、友の会の本、ときめかないの?!
っていうツッコミはナシでお願いしますね(笑)

3を含め、「一度読みたい・読まねばと思っていて、読んだことがない本」は
まとめてリビングに置いておき、いつでも手に取れるようにしました。
一度読めば気分がすっきりして処分できそうな本も多いです。




実用書の分別は以上です。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://katazukemasuyo.blog.fc2.com/tb.php/6-0dbc6d91

トラックバック

コメント

[C5] Re: 本は捨てられません・・・

>トモコさん

本好きだと本当にどんどん増えちゃいますよね。昔、友達に本好きが多かったので、そのうち床が抜けるんじゃないかって家やアパート、いろいろ見てきました(笑)。うちはそこまでではないですが、それでも油断しているとやっぱりどんどん増えます……。
うちはダンナが本を処分するのが好きじゃないみたいで、どう見てもたいして大切そうでない本も処分しようとしません。でもやっぱり、どうしてもスペースには限りがあるので、ちょっと意識を変えてもらえたらなぁと思ってます(^_^;)
私自身も本は好きなので、ついつい本棚って聖域化しがちなのですが、ちょっと気を引き締めて整理したいですね。
  • 2012-03-14 16:05
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C4] 本は捨てられません・・・

本の収納は、私が頭を悩ませている問題の一つです。我が家は引っ越しが多かったので、割と無駄なモノはないつもりなのですが、どうしても捨てられないのが本なのですよ。今更読みもしないドイツ語の小説とか、使う予定もない辞典とか、積読本とか、もうたっぷり(笑)。でも、ときめくかときめかないかで分けるなら、やっぱりときめくので、まあいいのかなと、そこだけは諦めてます。

その代り、一回読むだけになりがちな小説とか雑誌とかは、極力図書館を利用するようにしてます。無類の本好きなので、全部買っていたら、置き場にも金銭的にも困りますから。

いや、それにしてもやっぱりうちは量が多すぎかな。みなみさんちの比ではないかも。これを機に少し見直してみることにします!
  • 2012-03-14 14:15
  • トモコ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
病的に片づけられない親に育てられ、汚小屋敷育ちが強烈なコンプレックスでした。2012年、鬼気迫る勢いで片付け祭り開催、1年間で千数百個の物を処分。今はまったり片付けてます。整理収納アドバイザー2級。

Twitter

フォローしていただくと、当サイト&姉妹サイト「こんなものを買った」が更新された時にお知らせが届きます。たまに更新情報以外のこともつぶやきますがご容赦ください。

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ページ移動

アクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。